恋愛じゃなく身体だけの関係だったのに、ある日突然恋愛感情を抱いてしまった。なんて経験をしたことがある人もいると思います。
突然気持ちが入ってしまうなんてこと基本的にはないと思いますが、やっぱりセフレになるということは自分がカッコいいと思ったりイケる範囲内の人ということでもあるので、恋愛感情を抱いてしまう人も少なくないようです。
ですが、セフレから始まった関係から恋愛するのはデメリットの方が確実に多いです。

今回はセックスから始まる恋愛のデメリットを紹介したいと思います。


◆自分だけつらい恋になってしまう

男子は、セフレはセフレと区切ってしまう人が多いので、その分恋愛に至らないケースが多いようです。なので、セフレの状態から恋愛感情を抱いてしまうとどうしてもセックスだけという感覚がつらくなってしまいます。恋愛対象として見てほしいと思うだけではなく、他の人ともやってると考えるだけで辛いですよね。理由としてはこれが一番辛いかもしれないです。

◆付き合っている感覚が薄くなってしまう

一回身体だけの関係を持ってしまうと結局付き合っても、デートをしてもなんか違うと男子は感じてしまい結局行きつくところがセックスなんてこともあります。相手が本当に自分を好きで付き合ってくれてる場合は別ですが、別にいいよ。程度で付き合った時に自分がしんどくなるし、カップルとして続くことはあまりなさそうです。別れたとしても、身体の関係だけ求められるなんてこともあるかもしれないです。付き合えて嬉しいかもしれないですが、後を考えると苦しいかも。


◆浮気される確率が高くなってしまう

もちろん、セフレとしては関係を始まっただけあって他の人の身体にも魅力を感じることが多いです。
その分他の人ともセックスしているんじゃないかなんて不安に思うことも多くなります。他にいい人が見つかったら別れたり、自分以外でもすでにそういう関係の人がいるなんてこともあり得ない話ではありません。そんな状況を考えると愛情を感じられずにセフレの延長線上みたいな付き合いになってしまいそうですね。


結局飽きたら捨てられるなんてこと考えたり、未来のビジョンが見えなかったり、男子が恋愛感情に入らなかったり色々デメリットはあります。もちろん好きになったら、しょうがないことだと思いますし一概にセフレからの恋愛はダメだなんてことはありません。
でも、自分が傷ついてしまうことが多いのであまりおすすめはできないかもしれないです。


もしかして性病?心配なまま放っていませんか?
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。

ed47edd877c782d80540a57771258323_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)