水虫は女性に多い病気です。たかが水虫だと思っている人も多いですが、されど水虫です。
水虫のせいでカンジタになったりしますし、人に伝染しますからね。それに、水虫はかゆくなるだけじゃないんですよ。

●水虫の種類・症状と対処法を知る!

水虫はどんな場所でも出来てしまうものですが、その種類が色々ありますので、まずは覚えましょう。水虫には以下の種類があります。

・趾間型水虫(しかんがた)
・小水疱型水虫(しょうすいほう)
・角化型水虫
・爪白癬

●趾間型水虫

趾間型水虫が足の水虫としては一番なりやすい水虫となります。この水虫は、足の指と指の間に出来てしまう水虫です。
特徴としては強烈な痒みが出てしまい、皮膚が柔らかくジュクジュクした感じになってしまいます。この水虫の対処法は、早めに病院に行って治療してもらうのが一番いいです。でも、時間がないということであれば、市販薬でもいいので、薬剤師さんに相談しましょう。

●小水疱型水虫

小水疱型水虫の症状は足の裏や側面など特に比較的柔らかい場所に出来る水虫です。最初は湿疹が出来てしまったのかなって思うような小さな水泡が出来てそれが赤くなって大きくなっていきます。水泡が大きくなってくるとかゆみもひどくなってくるのが特徴となります。
蒸れたり皮膚が温かくなると痒みが酷くなっていくでしょう。この水虫で気になるのが水泡です。つぶせば治るかも・・・って思うかもしれませんがこの水泡の中には白癬菌はいなくて、その水泡の下の皮膚に白癬菌は潜んでいます。ですので、市販されている水虫の薬を塗る時は、まずはお風呂に入って足を綺麗に洗ってからきちんと乾かしてから塗りましょう。患部だけを塗らずに、足の裏や側面など全体的に塗ることがポイントですよ。というのも、どこに白癬菌が潜んでいるかわからないからです。

●角化型水虫

角化型水虫は足の裏が硬くなってしまい乾燥してひび割れて白くなってきます。特にかかとに起こりやすい症状となり、特徴としては寒い時期になりやすい水虫だということです。
この角化型水虫は他の足の水虫の種類とは違ってとても治るのに時間がかかってしまうものですから、早急に病院に行って治療してもらいましょう。その理由として水虫の原因である白癬菌が皮膚の物凄く深い場所まで入り込んでしまっているため、市販薬では治らない水虫になるからです。

●爪白癬

最後は爪白癬ですが、これは手や足の爪に出来てしまう水虫です。爪が白くなってしまったり、濁った色になってしまったりして変形してしまったりしますのですぐにわかるはずです。 症状が悪化すると爪がボロボロと剥がれてしまいます。
この水虫の対処法としては、とにかく換気して通気して蒸れさせないようにすることです。もちろん併用して薬を使うことがベストです。爪には神経がないので、この水虫になってしまったらかゆみも痛みもないので、進行がどんどん進む危険性がありますからね。

●さいごに

よく「水虫の人と一緒にお風呂に入ると水虫が移る」と思っている人が多いのですが、結論から言うと、お風呂などで水虫が移ることはありません。
理由としては、白癬菌は湿った場所で繁殖しやすいのですが、お風呂の中は水なので流されてしまい移ることができないのです。ではなぜ「お風呂で移る」というのが出てくるのかというと、正確に言うと、お風呂から出た後のバスマットなどから感染してしまっているということなんですよ。



d79597fc3ebbdaa8859abbfc48ffee06_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)