高齢出産のリスクが浸透し始めた今、30歳までには結婚したい、と思っている女性が増えてきています。
しかし、実際には、彼氏がいても結婚せず、ずるずるとお付き合いを続けている女性も多く存在しています。
30までに結婚するためにやっておかなければならないこととはいったい何?
結婚をまでの道筋をしっかり立てておきましょう。


【その男は結婚の意思はある?】

≪男のほうに結婚願望がなかった≫というのは、よくあるパターンその1です。
今の男性の中には結婚に魅力を感じていない人が多いです。また、女性ほど結婚を急がなければならないという明確な理由もないため、結婚という意識すら持っていない男性も一定数存在しているのは確かですので、引き返せる年齢のうちに《結婚の意思があるかどうか》を確認しておくことが大切です。
結婚願望がない男だと判明すれば、次を探す必要も出てきますし、意識していないだけの男であれば、意識させ、できれば自分が30までに結婚したいということを伝えておくのもいいかもしれませんね。
あまり重くならずに、自然にリサーチするのが理想的!

特に年齢の低い男性だと、結婚なんて遠い未来の話だと思っている場合も多いため、プレッシャーで仲がぎくしゃくすることも考えられます。あくまでもさりげなくリサーチするのが大切です。


【職場に迷惑をかけないよう、計画立てて仕事をしよう】

もう一つ大切なのは《職場に迷惑をかけないようにしておく》というもの。結婚の話が現実味を帯びて来たら、少なくとも一年前には上司には伝えておきましょう。結婚式の準備や打ち合わせ、新婚旅行で休みをもらうことも増えるでしょう。すぐに子供を持ちたい場合は産休も視野に入れなければいけません。
重要なプロジェクトからはしばらく外してもらい、自分の結婚によって周囲に迷惑がかからないようにしておくことで、逆に信用を得ることができます。
会社が女性を雇うのをためらう理由には、女性のライフプランに振り回されるのが困るという部分がとても大きいです。ですので、しっかりとライフプランを伝え、会社の迷惑にならないようにする姿勢を見せるのであれば、きっと回りも祝福してくれることでしょう。

女性の社会進出が進んでいる現在日本では、女性自身も周囲に気を配ってライフプランを組む必要があるということです。現代社会で生きる女性に求められているものは、そういう部分ではないでしょうか?


【今のうちに彼とライフプランを立てておこう】

ここまで書きましたが、すべて一人で決めてできることではありませんよね?当然男性側の都合もあるというものです。「来年結婚しまーす!」と宣言した後で「え?いや、30までにって言ってたからそれに間に合えばいいと思ってた」とか「来年は早すぎだろ!」「まだ貯金たまってないし」なんて返答が来たらたまったもんじゃないですよね。

彼との話し合いできちんとプランをすり合わせ、「いつ頃結婚しようか」「結婚式やハネムーンはどうしようか」「子供はいつ作ろうか」「仕事は続けるのかどうなのか?」など、いろいろなことを話し合っておくべきです。
話し合いの中で、結婚生活への考え方の違いなどが出てきて破談になるケースだってあるのですから、早めに意見のすり合わせを行いたいものですね。

27,8歳をすぎると、女性は新しい恋人を作ることが難しくなってきます。その年齢になると最初から結婚が視野に入ってくるため、男性側がしり込みするからです。
なので、その前に一度、お付き合いしている男性と結婚できるかどうかを確認しておくのが理想といえば理想ですね。子供を持つことにタイムリミットのある女性の気持ちを理解できる男性はとても少ないです。

だからこそ、きちんと話し合いをすることが大切になってくるんですよ。




GAK96_tesuriniokaretahanataba-thumb-815xauto-16302
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)