若いのに白髪があったりすると、何だか気分が落ち込みます。白髪があるだけで老け込んだように見えるんですよね。そこまで年をとっていないのに白髪が多い人もいれば、年をとっているのに白髪がほとんどないという人もいます。これ・・・不思議ですよね?

今回は、白髪についてお話しさせていただきます。


●白髪が生える理由

なぜ白髪が生えてくるんでしょうか?やっぱり年を取ったからでしょ?じゃあ、なぜ年をとると白髪になるのでしょうか?いやー、難しいですよね(笑)実は、元々髪の毛には色がありません。そう、「白髪」なんですよ。

その白髪に毛根にあるメラノサイトという色素細胞が髪に色をつけているのです。つまり、白髪になる原因は、この「メラノサイト」にあるということになるでしょう。
メラノサイトの数が少なかったり、働きが悪かったりすると、髪に色がつかなくなってしまい白髪になる・・・というか、髪の毛の元々の色である白髪に戻ってしまうんですよね。


●メラノサイトの働きが悪くなる原因とは

メラノサイトの働きが悪くなる原因はなんでしょうか?原因には以下のようなものが考えられています。

・遺伝
メラノサイトの働きが悪い遺伝子というのがあるようです。

・加齢
年齢とともにメラノサイトの働きが悪くなり、40歳前後から衰えてきます。

・生活環境(食事・睡眠・運動)
生活環境の悪化でも白髪になる原因となります。特に食生活はダイレクトに関係してくるでしょう。
食生活が乱れていると毛根まで栄養が行き届かずにメラノサイトの働きが悪くなってしまいます。

・病気
病気が原因で白髪が増えることがあります。胃腸疾患、甲状腺異常、貧血症、マラリアといった病気が主になります。


●白髪を抜くと増えるのか?

「白髪は抜くと増える」とはよく言われますが、本当かどうか疑問に持ったことはありませんか?そもそも白髪はメラノサイトが原因ですから、抜いたくらいで増えるということはありません。だからといって、抜いていいわけでもありません。なぜなら、髪の毛を無理矢理ぬくと毛根を痛めてしまうからです。
傷めてしまうのは、毛根だけでなく、毛根細胞を通じて他の毛根の神経を刺激してしまい、周辺の髪の毛にもダメージを与えてしまいますし、毛根のメラノサイトも傷つけるので抜くのはやめておきましょう。


●白髪の予防

では白髪を予防する方法と対策についてお話しをしましょう。

①成長ホルモン

睡眠中と体に負担がかかる運動をすると成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、健康と美容に欠かせないホルモンであり、この成長ホルモンに長くたくさんさらされるほど若さを保つことができると言われているのです。
成長ホルモンは、睡眠中に分泌されますので、22時~2時に大量に分泌されますから、この時間はしっかり寝ているようにしましょう。といわれているわけですが、この時間にしっかり寝ている人というのは少ないですよね。 仕事をしていて夜寝るだけじゃなく、筋トレをやることも成長ホルモンを促します。
「きつい」と感じる刺激を体に与えて体を危機的状況に追い込むと、脳から成長ホルモンが分泌されますから、筋トレをやってみましょう。

②食生活

白髪を増やさないためには食生活も重要です。食べたものが私たちの体に直接影響するのも食べ物ですからね。

ビタミンE
カルシウム
亜鉛


を積極的に摂取するようにしましょう。
インスタント食品やレトルト食品などの加工食品を多く食べてしまうと、慢性的にミネラルが不足してしまいます。


●さいごに

人間の髪の毛が元々白髪っていうのはびっくりですよね。メラノサイトをしっかりと守っていくようにしましょう。


ラサーナ ヘアカラートリートメント

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)