◆色黒さんが主に取り入れたい成分とは?

内側からのケアとして積極的に取り入れたい成分はビタミンCです。ビタミンCはメラニン生成の還元や抑制効果があり、美白や肌荒れに効果的で美容ドリンクや化粧品にも多く配合されています。
ビタミンCが豊富で有名な果物にレモンやアセロラ、カムカムチェリーなど挙げられますが、ビタミンの多くは水溶性の為長時間身体に成分をとどめておく事ができません。
1日の内、定期的にビタミンを摂取しなければ美白効果は望めません。ですので、ビタミンCはサプリメントで1日に何度か補給する事をおススメします。摂取してからなるべくゆっくりと溶け、吸収されていく物を選びましょう。

その他にも、ビタミンE、βカロチン、L-システイン、リコピン、アスタキサンチン、エラグ酸など、美白効果や抗酸化効果が期待できる成分があります。美白をするには、まず健康な肌を作らなくてはいけません。
たんぱく質やビタミン、脂質、糖質、ミネラルなどをバランスよく摂取することが大切です。また、ストレスを感じているときや日焼け後などは活性酸素が大量に発生するので、抗酸化成分を積極的に摂るようにしましょう。
バランスの取れた食事やサプリメント、スキンケア、UVカットなど総合的に行うことで、美白へと導いてくれるはずです。

◆UVカット、スキンケア、内側からのケアを行っていれば本当に白くなるのか?

もともと色黒で学生時代に焼けてしまった方でも、毎日の習慣や食生活を変えて色白になったという方もいます。
私たちは日々の生活を送るうちに、体や肌に負担をかけてきました。そのため内臓の不調や、肌のくすみなどによって色素が濃く、黒くなってしまっている方もいるのです。

あなたは生まれた時から色黒だと思い込んでいるかもしれませんが、実は生きてきた中で少しずつ色黒になってしまったのかもしれません。
実際に効果的なのかという結果としては正直、時間を要するという事です。色黒は遺伝的要因もあるので美白というよりは、本来の色まで戻すという方が正しいかもしれません。

上記の方法を習慣付け、毎日おこなったとしても日常には紫外線によるお肌への影響もありますが、生まれた時の元の色素までなら戻せるはずです。
美容クリニックでも、美白点滴などの施術を受ける事は可能ですが、皮膚のターンオーバーを促進し、シミやくすみを薄くするという効果で、もともとの肌の以上に白くすることはできません。
クリニックで処方しているハイドロキノンも決して安いものではなく、お顔にのみ使用で1ヶ月分、約3-5万円程。リスクもある為毎日全身に塗り続ける事は現実的ではありません。

しかし比較的太陽に晒されない部分、腕の裏側を見てみると意外と白くて実は白いのかもと思った事がある方も多いのではないでしょうか。
腕の裏側も多少は太陽の影響を受けているので、まだ本来の肌の色とは言えませんが、最も確実に自分の肌の色を知るには、おなかを見てみることです。
進んでおなかを焼いていない限りその人の本来の肌の色に近い色だと言えるのです。自分の元の肌の色を知る事こそ、美白をする為の第一歩だと言えますね。

しかしこうして男性の好みのタイプを見てみると、男性は「清楚な女性」を求めている風に感じられます。
清楚で控えめな女性は守ってあげたくなる存在を思わせ、美白美肌の女性はそれだけでポイントが高く、なおかつ女性らしい可愛いしぐさは更にあなた自身を魅力的にみせてくれます。

また女性もやはり色白でキレイなお肌が憧れですよね。美白美肌を目指すには今の時期からしっかりとケアしていく事が重要ですので、焦らず長い目でお肌を観察してみましょう。
色黒さんも諦めずに、習慣やケアなどを行っていけば元の白さにまで戻すこともできるはずです。深く考えずに手頃に始められるものから取り入れてみてはいかがでしょうか。

新婚旅行でもスタイルアップ!【stylestoker】

BIS151026473494-thumb-1000xauto-19818

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)