時々存在する勘違い男…。気のある素振りを見せたこともないはずなのになぜか彼女扱い、興味もないのにずっとベタベタついて回る、こんな男に出会ったら地味に心のHP削られてしまいますよね。
勝手に「こいつは俺の女だ」認定してくる男は結構どこにでもいるもの。もし、勘違い男のターゲットにされてしまったら、ストーカー被害が深刻にならないうちに適切に対処しましょう。


●何がきっかけで勘違いが始まるのかわからない!

勘違い男って、何をきっかけに勘違いするのかよくわからない存在ですが、基本は【優しくされた】経験からこの子は自分に気がある!と思い込むことが多いようです。
目が合うことが多いような気がする!とかそんな偶然レベルのことで勘違いする奴はちょっと病的なので置いといて、優しくされたから勘違いしちゃうのは場合によっては仕方ないこともあるかもしれませんね。どちらにしても、こちらがみんなと平等に扱っていても向こうが「自分は特別扱いされたんだ」と思ってしまえば結果は一緒なので、防ぎようがないのが勘違い男の被害です。あからさまに気のある素振りを見せたのでなければ、「自分が悪かったのかしら?」なんて気に病む必要はないですよ。ちょっと運悪く捕まっただけ。とでも思っておきましょう。


●まずはあなたが嫌いという意思表示を

勘違いレベルが浅いときは、まだ意思表示をするだけで「あ、俺の勘違いだったな、恥ずかしい恥ずかしい」とことが済む場合がありますので、一応言葉や態度でやんわりと表すようにしましょう。
遠回しの注意で聞かない人には、はっきりと「他に好きな人がいます」「アナタとは何の関係もないはずですが」と言ってもいいかもしれません。逆上されると怖いので、人がいるところで口調を選びながら伝えるのがベストです。最初から冷たく攻撃してしまうと相手がどう出てくるかわかりません。最初の意思表示はジャブ程度に抑えておきましょう。

意思表示をしても理解してくれないこともあります。「照れてそう言っているだけ」「本当は俺のこと好きなのに誰かに言わされているんだ」そんなことを言い出す奴は稀ではありますが確かに存在します。
その場合はもう、二人だけの話で解決できる問題ではないでしょう。周囲の人に相談し、その相手との接触を極限までなくすようにしたほうが良いです。しかし、勘違い男の怖いところは、接触が全くなくなった場合、ストーカー行動がエスカレートすることがあるということでしょう。
「こんなに思っているのに応えてくれないなんてひどい」「自分たちの中を引き裂くやつは敵」こんな思考をすることがあるそうです。
もし、勘違い男にストーカー行動がみられるようであれば、警察に相談するのも手ですよ。


●最近は警察も動くようになってきた

以前はストーカー被害を訴えても腰が重かった警察ですが、最近は比較的まともに動いてくれるようになりました。
しかし、まだまだ腰が重い部分があり、「巡回回数を増やします」「自宅周辺を重点的にパトロールします」なんてことしかしてくれないことも。そんな警察に危機感を感じてもらうためには、事前にある程度の証拠や数度の相談実績を作っておくことが大切かもしれません。

ほんの些細なストーカー行動であっても日記につけておく、なくなったものはこまめにメモを取っておく、無言電話の回数の記録、相手との会話の録音データなどなど相談時に警察に伝えられるものはたくさんあるはずです。
ただ「ストーカーされているんです」だけでは警察も「勘違いじゃないの?」という気持ちを持ってしまうこともありますので、実際にどういう状況なのかをわかってもらうことは、その後の対応にも影響するでしょう。なにも被害届を出せと言っているのではないのです。警察に相談実績を作っておくのです。
そうすると、いざ、行動がエスカレートしてきたときに、接近禁止などを含めた措置が取りやすくなることでしょう。


はっきり言って勘違い男を相手にするのは結構危険な行為。ストーカー被害で実際に命を落としている人もいるくらい深刻な問題です。そこまでいかなくても、場合によっては引っ越しや転職もしなくてはならないこともあるくらい面倒なものです。相手がどのくらい危ない男なのかを見極めながら上手に対処していきましょう。

冷静に立ち回ることがストーカー男に勝つことの最重要ポイントですよ。


霊感霊視で未来を占う電話占いミスティーライン

E383A2E383A9E3838FE383A9E794B7E38080E382B9E38388E383BCE382ABE383BCE38080E5AFBEE587A6E6B395E38080E789B9E5BEB4E38080E5AFBEE7AD96
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)