女子は安心出来る誠実な男性を望みます、年齢に応じてドキドキ感を優先してしまう時期もありますが、将来を考えた時ドキドキ感ではなく安心感、安定感を求めるようになります。女性は愛されたい願望が強い生き物なので、自分ばかり愛していると感じると相手に不安や不満を抱き始めるのです。

では、男性はどうでしょうか?男性も安心出来る女性を望みますが、その反面いつまでも魅力的だという思いまで付けてくるからなんと厄介な。そして追いかけられるよりも追いかけたいと思うのも、男性特有の恋愛観で、男の本能的な部分なのでしょう。男性はいつの時代もハンターですからね。

今回は、愛するより愛されたい女性と、追いかけられるよりも追いかけたい男性、相思相愛になれるはずなのに恋愛はなぜ難しいのか?というお話をしたいと思います。


『愛するより愛されたい女性の本音』

恋愛に振り回される星の元に生まれたのか?と思う位ライフスタイルに恋愛が組み込まれている世の中の女性達。恋愛が上手くいっている時は、愛し愛され幸せ!と思いますが、上手くいかなくなった時、恋愛に振り回されてしまうのは女性が多いです。
そして、好きっていう気持ちが辛い…なんて思いが募れば募るほど、自分の事が好きといってくれる男性の方が私を大切にしてくれるのではないか、という風に心は傾いていくのです。

好きになってくれる相手の方が、心はずっと楽…と思ってしまうのでしょうね。ですがそうなるまでが一番大変、現時点でお付き合いをしている男性が「面倒くせぇ~」と思ってしまうであろう女子アルアルが炸裂するのです。
愛されたいと願うのに、不安を一方的に相手にぶつけてしまったり、小さな事が気になって仕方がなかったり、どんどん心が窮屈になっていってしまう。

自分ではどうにも出来なくなり、相手に爆発して救済を望むという一人で恋愛をしているの?と思うほど客観的に見る事が出来なくなるのです。私が悪いの?あなたがちゃんと思ってくれないから!と言う風に相手にばかり求めてしまうのです。

ただ付き合い当初のように、ずっと愛されたいだけなのに、なぜ追いかける側に回ってしまうのか。

その理由は、女性は‶変化すること″を恐れるからだと思います。付き合い始めの二人と現在の二人を比べ、変化した部分を不安に感じる。その変化を良いと捉えるか、悪いと捉えるかで二人の関係は大きく変わっていくのに、女性はその変化をマイナスと感じるのです。

気持ちを継続するのは誰にだって難しいもの、でも女性は「いつまでも当初のように好きでいてほしい」を彼に望む結果「愛するより愛されたい」は成立しなくなるのです。


『男性が安心と好奇心という正反対を望む本音』

男性が一番頑張る所、それは彼女を捕まえたと感じるまでです。釣った魚にエサをやらないと言うと、何様?と思ってしまいますが、釣った魚にエサはやらないが安定した「好き」をあげる、と付け足した方が合っていると思います。その思いと共に、女性に対しての好奇心はなくなることなく、魅力的な女性は追いかけたくなる気持ちも一緒に共存しているのです。

男性は体の関係を女性よりも深く考えており、女性よりもその部分は繊細に出来ています。好きだから触りたくなる、この気持ちが男性の恋愛観を左右する大部分です。男性は安定した「好き」に+α魅力的だと嬉しいと言うのが本音で、好奇心という気持ちがいつも勝っているわけではありません。

そして変化を怖く感じる女性よりも、男性の方が恋愛の変化を柔軟に受け入れていくのです。お付き合いが長くなると、安心を感じるのは男性も女性も同じです。ですが、その自分たちの変化に不安を持つか、受け入れるかの違いが男女の問題の引き金となるのでしょう。

「私の事好きじゃないの?」「好きだから一緒に居るんだろ!」よくある、この会話が納得いきますよね。女性は男性の思考が分からない…と言いますが、もしかしたらシンプルすぎて分からなくなっているのかもしれません。


追いかける事を本能的に望んでいるのに、追いかけられる存在になりやすい男性、そして愛されたいと願いすぎて振り回される女性の恋愛模様は、いつの時代も難解で不可解なものなのかもしれません。



288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)