1年の中でも時が過ぎるのが穏やかなお正月。普段は多忙な方でもゆっくりとお正月休みを過ごしているのではないでしょうか。このまま休みが続けば良いのに!!なんて思いますが、そろそろ年末年始のお休みが見えてきました。

お正月中に最も油断してしまうのが、体重。暴飲暴食にダラダラとした生活でうっかり2キロ増なんて方も多いのではないでしょうか。早く増えた分だけでも取り戻したいですよね。そこで今回はお正月太りを解消方法をお話していきたいと思います。

◆どうして正月太りしてしまうの?

正月太りは当たり前ですが、食べ過ぎと運動不足が原因となって起こります。ダイエットの基本は消費カロリーを摂取カロリーよりも増やすこと。もちろん摂取カロリーの方が多くなると太るため、正月の食べ過ぎがカロリーの過剰摂取へと繋がります。更にはお餅やおせちはカロリーが高め。しかもおいしいものですから、ついつい食べ過ぎてしまってあっという間に太ってしまうのです。

お正月に限らず年末年始は飲み会がたくさん。忘年会の暴飲暴食にお正月においしいものを食べて、だらだら過ごして……どうしてもお正月は気が緩んでしまうので毎年のように正月太りは繰り返してしまうのです。

◆正月太りを解消するためには

正月太りは食べ過ぎと運動不足によって起こりますが、実は脂肪がついて太るというよりも、むくみによって太っています。動かないことでリンパの流れが悪くなってしまい、流れが悪くなることでむくみやすくなるのです。むくみは見た目でも太って見えますし、実際に体重の増加もしてしまいます。

そのため正月太りを解消するためには、むくみを解消していくこと。滞ったリンパの流れを良くして老廃物を排出させてあげることでむくみを解消していきましょう。

・リンパマッサージをする

マッサージをするとリンパの流れが良くなり、体内の老廃物を排出できるようになります。むくみやすい足、顔、を中心に二の腕、お腹とリンパマッサージをしてむくみを解消していきましょう。

体を温めるのが何よりもむくみには効果がありますから、お風呂の中やお風呂あがりにゆっくりリラックスしながら行うと良いでしょう。

・適度な運動をする

寒くて動きたくない……気持ちはわかりますが、動かない以上はなんのダイエットにもなりません。動くことで体も温まりますから、適度な運動を心がけるようにしましょう。お正月明けは出勤のためにどうしても外出しなきゃいけないわけですし、階段を使ったり、歩く量を増やしたりと日常から意識して運動してみてください。

更には、正月太りによって全く脂肪がついていないわけでもないため、脂肪燃焼をさせてあげることも必要となってきます。その時は有酸素運動など積極的に体を動かして脂肪を燃やしていきましょう。

誰もが経験したことのある正月太り。気の緩みがここまで如実に太る原因となるのか!と愕然としてしまいますが、2キロ増が皆のあるあるなのだそう。たかが2キロ、されど2キロ。なんとか取り戻していきたいものですよね!




3a97323d2ddee9b769a97755ebf2242a_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)