挨拶をする中で一番効率がいいのは正月の挨拶ですよね。親族も揃っていてなかなかないタイミング。そんな時にいい印象を付けたいけど、どうすればいいんだろうなんて人も多いと思います。そこで今回は正月に彼氏の実家に呼ばれた時に気を付けたいことを紹介したいと思います。


◆派手すぎない清楚な服装をする

一番に見られるのはやはりファッションですよね。もちろんそこは親世代と年配の方とはファッションの文化が違ったりもします。なので、第一印象として見られる服装には気を付けましょう。あまりに派手で露出の多い服だと歳が上の人には全くいい印象は持ってもらえません。なので、なるべく露出は抑えた清楚な服装を心がけるといいでしょう。ただ、地味過ぎる服装だと暗いように見られるので、差し色やメイクで明るい所を出していくのがベストです。


◆香水、ネイルなどはなるべく控える

これも服装と同じで印象を残してしまいやすいです。あまりに派手なネイルをしていると普段家事はやっているのか、不潔そうなどあまりいい印象はありません。爪を短めにしておくと家事はちゃんとやっている子なんだなと好印象になる可能性もあります。都会暮らしだとどうしても遊んでいるように見られるので、見ていなさそうなところも清楚なイメージにしていく方がいいかもしれません。


◆お土産などは日持ちのするものを持っていく

正月は来客も増えたりするのも考えてなるべく物を買いこんでいることが多いと思います。そんな中、あまり日持ちのしないものをお土産として持っていくとかえって迷惑になる可能性もあります。すぐに食べられないだろうなということも考えた上で、日持ちするものを持っていくのがいいでしょう。あまり手間のかからない茶菓子などを持っていくと喜ばれることもありそうですね。


◆相手の親の前で呼び捨てをしない

意外にもこれは気を付けるべき点だということ知っていましたか?これは、特に母親的に自分の息子が呼び捨てにされていることに対してイラッとしてしまうそうです。意外にもこう思う母親は多いようです。どれだけ長く付き合っていても、両親には初対面と言うときは必ずさん付けもしくはくん付けをするようにしましょう。母親に気分を害されてはせっかくの招待なのに台無しになってしまうこともあるので注意しましょう。


◆自分のことばかり話し過ぎない
息子が付き合っている子は果たしてどんな子なのか、という風に思っている親がほとんどです。そんな中で、緊張してしまうのもわかるんですがあまりに自分の話だけをベラベラ話すのはあまり印象が良くありませんし、落ち着きのない子だなと思われてしまうこともあります。相手の親に会う機会なんてあまりないので、なるべくでも彼氏がどんな子だったのかなど家族が分かるワードを質問して輪に解け込んでいきましょう。そうすればいつの間にかあまり緊張しなくなっているかもしれませんよ。


不安や緊張もありますが、ほとんどの家は受け入れてくれると思います。緊張して、動けなかったり自分の話ばかりして出しゃばらないように気を付けましょう。どうすればいいか分からない点や気になることなどあれば、彼氏に色々聞いておくといいかもしれませんね。



710fd0c79ab9ecc784200f4298e43436_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)