皆さんに質問です。お正月でダイエットに成功された方はいらっしゃいますか?高い志を持った方であれば、成し遂げた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、多少なり気をつけていたつもりでも、うっかりお正月太りしてしまった女子が大多数なのではないでしょうか?

さてお仕事も始まりました。お正月のようにゴロゴロしているわけじゃありませんし、そりゃ小腹だって空いちゃいます。でも、お正月太りの罪悪感でいっぱい……というわけで、ダイエット中に小腹がすいてしまった時にオススメな食べ物をご紹介していきたいと思います。

◆ガム

もちろんチューイングガムのような甘いガムはNGですが、ダイエット中の間食の定番といえばガムです。人は噛むことで満腹中枢が刺激されます。何度も噛むことでだ液が出るため満腹感を得ることができるのです。

ガムのカロリーはおよそ20キロカロリー。10分噛むだけでも10キロカロリーほど消費されるため、噛んでいるだけでも食べた分のカロリーは消費されてしまいます。

また、アゴの筋肉を使うので小顔効果もあり。口さみしい時はガムを噛むようにしましょう。

◆するめ

ガム同様に、するめも噛めば噛むほど満腹感を得ることができます。するめソーメン1袋でおよそ60キロカロリーなので、するめもダイエッターの強い味方だといえます。

更には、するめにはタンパク質が多く含まれています。ダイエット中はタンパク質が足りなくなりがちですが、痩せるためにはタンパク質は必要となってきます。筋力を保ち、太りにくい体質を作ります。

◆ナッツ

ナッツのカロリー自体は高いのですが、不飽和脂肪酸というダイエットに有効な成分が含まれています。良質な脂質を摂取することで、太りにくい体質を作ることができます。

不飽和脂肪酸には、食欲を抑えたり、油分の吸収を抑えてくれたりする効果があります。リバウンド防止にも効果的ということで、ダイエットの時に上手に摂取したい食品の1つです。

◆ドライフルーツ

ドライフルーツのオススメできるポイントは腹持ちの良さ。温かいお茶などと一緒に食べることで胃の中で膨らみ、少しの量でも満足することができます。ドライフルーツ自体のカロリーは高めなので、工夫して食べる必要があります。

また、生のフルーツよりも効率よく栄養がとれるため、ダイエット中に不足しがちミネラル、食物繊維を補うことができます。更には美肌にも効果があるため、女子であれば積極的に食べておきたいものだと言えるでしょう。

食事制限中やダイエット中とはいえ、小腹って空いちゃいますよね。我慢の結果、反動で食べてしまうよりも、太りにくい食べ物をつまんでしまうほうが上手にダイエットをすることができるかもしれません。とはいえ、何でも食べ過ぎは厳禁。上手に自分の欲望と向き合い、お正月太りの解消を早急にしたいものです。



9fda20066b2e9286bd3d49ac7eea7331_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)