彼が欲しい!恋がしたい!と思っていても、なぜか彼ができないのはなぜだと思いますか?リアルな恋愛がしたい気持ちはあるのですが、なかなか実行に移せない……もしかしたら、「シンデレラコンプレックス」かもしれません。では、いったいどうしたら良いのでしょうか?リアル恋愛がしたいアナタのために、ちょっとしたアドバイスをお伝えします。

シンデレラコンプレックスとは?

シンデレラコンプレックスとは、恋愛はしたいけれど理想だけが高すぎて恋愛の経験もなく、具体的に恋愛がスタートするような行動も起こしていない女性を指します。たまに男性から声をかけられても、「顔がタイプじゃない」「仕事が今イチ」など、理想が高すぎてしまいせっかくのチャンスを逃がしてしまっています。

自分自身はいつも素敵な恋愛を妄想しているので、リアルな恋愛に発展しそうになると、自分からいろんな理由をつけて引いてしまうので、うまくいきません。この「シンデレラコンプレックス」はその名の通りシンデレラの童話にちなんで、「女性は外部から来る何かがやってきて、自分の人生を変えてくれるのを待ち続けている」意識があることから名称が付けられています。もしも思い当たることがあれば、なんとかしてリアル恋愛ができるように、考え方を変えていかなくてはいけませんね……。

シンデレラコンプレックスになりやすい人の特徴

幼い頃から、過保護に育てられた女性や、高学歴の女性に多くみられるようです。社会的には自立しているのですが、他人へ依存したいという潜在的な欲求があり、恋愛や結婚によって男性に幸せにしてもらおうとする依存心が強いのです。

シンデレラコンプレックスに陥ってしまった場合、自分では大して努力はしなくても、「いつか理想の男性が現れて、素敵な恋愛や結婚ができる」と考えています。しかし、何か根拠があるわけではありません。理想が高く、自主性を見失っていますので、現実的に周囲にいる男性の事はまったく視野に入らないのです。

仮に理想通りの結婚ができたとしても、夫に依存しすぎる、もしくは別の恋愛を求めてしまうという事が起きる可能性があり、早い時期に破局してしまう可能性もあります。そんなことになってしまったら、大変なことですね。

自分を幸せにできるのは自分自身

幼い頃から過保護に育てられると、誰かに依存してしまうクセがついているので、そう簡単には考え方を変えるのは難しいかもしれませんが、あまり焦らない事が大切です。誰かが自分の事を幸せにしてくれるのかな?という理想を追いかけるのではなく、自分自身は誰を幸せにできるのかな?ということを優先的に考えてみるようにしてみましょう。

誰かから幸せにしてもらおうと思っている限り、本当の幸せをつかむ事は難しいので、気がつく事ができれば、少しずつ見方も変わっていきます。自分を幸せにできるのは、他の誰でもなく自分自身なのです。

また、恋愛は妄想しているだけでは何も始まりません。具体的な行動が必要です。もしもきっかけがあれば、多少理想とは違ったとしても、デートをしてみるなど一歩踏み出してみましょう。まずは、そこからがスタートです。デートをしてみると、イメージしていた感じよりもすごく楽しかった!と何か新しい発見があるはずです。もちろんその逆に失敗もあるでしょうが、それはそれで良い経験になります。

いかかでしたか?素敵な恋を見つけるためには、行動あるのみという事ですね!頭の中で考えているだけでは何も始まりません。この際、理想は少しだけ、横に置いておきましょう。




NIKON D700, AF Zoom 24-70mm f/2.8G f/2.8, 1/1600, ISO 320, 24mm


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)