世の中には、たくさんの男女がいて、たくさんの男女が恋に落ちて、幸せになっていく人もいれば、涙、涙の別れのある人もいます。ですが、全ての男女がドラマチックな恋愛をしているというわけではありません。

人は自分ばかりが可愛い!という人もいるし、損得勘定で恋愛をしている人もいるので、傷つけられたリ傷つけたりとしてしまうこともあります。今回は、心のない奴に泣かされない!ひどい男と出会わないために!というお話をしたいと思います。女子はいつの時代でも受け身であるということを、傷つけられることに慣れないで女はそんなもんじゃない!という気持ちを女子の皆さんには持っていてほしいと思います。

【最低・最悪な男子は存在する!そんな男に引っかからないためには】

Q1.お付き合いをする前は、紳士な姿に心惹かれて交際がスタートしたのに、いざ付き合ってみたら「お前には俺がいなきゃ何もできないんだから」とモラハラまがいの言葉を聞かされる。この人とずっと一緒にいたら、自分の事が嫌いになりそうで別れを決めました。(20代後半女性)

A1.最近の男女は、まだよく知りもしない間からお付き合いを始めるケースが非常に多いです。付き合ってみないと分からないという意見も大いに分かりますが、それなら反対にちゃんと相手を見てお付き合いを始めるのでも同じではありませんか?すごく、生き急いでいる感じが見えて、体の関係を持ってしまったあとに気づくなんて、自分のことをもっと大切にして欲しいです。

そして、世間でも問題となったモラルハラスメント。モラハラはあまり周りには分からないという点が、問題を大きくしてしまう部分であり、言われる側はどんどん「自分が悪いのではないか?」と疑心暗鬼になってくると正しい判断が出来難くなっていくのも事実です。


Q2.お金にケチな男なんてまだマシ!簡単に「お金を貸して」って言ってくる彼氏に「嫌だ」と言えずにダラダラと貸してばかりになって、ケンカになって別れ話が出たら「返さない」なんて言ってくる。もう、お金はいいから…私の前から消えて欲しい……。(30代前半女性)

A2.金銭面にルーズな人は、いつになったらちゃんとするようになるのだろう……と思ってしまうほど変わることが困難です。男たるもの好きな女にお金を借りるようでは、「幸せにする」なんてどの口が言うのよ?って話です。しかも、自己の欲求のためにお金を使うという場合は更に言語道断です。好きだから貸してしまう女子も多いとは思いますが、そこは優しさではないし、借りる側も貸す側もどちらも正しくありません。

男は見栄でもなんでも張ればいいし、女も弱音を見せる男には私しかいないなんて自惚れない事です。女性は、好きだから何でもしたくなる母性本能が強いところがありますが、そこに付け込む男性は多く、そして「自分は彼に必要とされている」と思ってしまいズルズルと来てしまうケースが本当に多いのです。消えてほしいと願う前に、貸してほしいと言いに来た時点で見切りをつけるのも得策ではないでしょうか。


Q3.付き合い始めはそんな素振りは一切なくて「イイ人だな、優しい人だな」と思っていたのに、時間が経つにつれてケンカが多くなり、その度に男の圧力をかけてくるようになった。殴る蹴るの暴力はなくても、引っ張られる腕や怒鳴られる声に恐怖を感じてしまって、男性が怖い存在という意識が強くなってきてしまった。(20代後半女性)

A3.男性からすると、殴ってもいないし、ただ腕を軽くつかんだだけで女性は大げさすぎる、被害者意識が強すぎるという人が多いです。ですが、それは男性目線であって、女性からしたらその腕の強さは、恐怖を感じるには十分な力かもしれませんし、男の圧力は自身が思っているよりも女性に大きな恐怖心を与える可能性があるのです。

しかし、それを分からない男性は多く、口の強い女性にも非はあるかもしれません。どんなにしても男の力に女は勝つことなんてできないのだという事を今の時代だからこそ男性は心にしっかり持っていてほしいと思います。その力は、制圧するモノでも自分を高みにもつものでもなく、弱きものを愛するモノを守るためにある力だという事を忘れないでほしいものです。




OOK86_kemutai15185634_TP_V

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)