このお話は世間では賛否両論で、筆者自身はどちらとも言えない…というのが正直な所です。やはり同性の友人関係よりも気を付けなければならない所もありますし、持ち続けるべき考えもあると思います。
同性の友人の様に、時間問わずに遊びに行くという事はしてはいけないし、ずかずかと相手の心に踏み込んでしまうと持たなくても良い感情を相手にも、自分にも持ってしまう事もあるので異性の友人は簡単に飛び越えてしまう一線があるのです。普通の時は男女の一線は越えることなく、平穏に過ごすことが出来るのに寂しい時や悲しい時にそばに居ると、なぜかその存在が居心地がいいと感じてしまうのです。今回は、男友達になりたいのになぜか恋愛対象として見られてしまう、というお話をしたいと思います。


『男・女ではなく、人・人の付き合い方』

男女の友情が成立するために必要なのは人として付き合う事です。男だからとか女だからとかは最低限のものであって、相手の中身を見る事です。男と女なので、どちらかが理性を失えば簡単に崩壊される関係ですが、お互いが"そんなことで友情を壊したくない"と思える関係が、男女の友情での理想の形のように思います。
理性という物は、自分の考え次第で簡単に取り去ることもでき、そのまま持っておくことも出来るものなので、理性がぶっとんだ!という言葉は、自分に甘えてしまったという事になってしまうのです。


『自分が一番でないと気がすまないタイプは、異性の友人は難しい』

女性の中には、自分が一番でないと気が済まない人もいます。そのようなタイプは、異性の友人を作るのに最も適していないタイプです。このタイプは基本的に独占欲が強いので、自分の他に相手に自分のような存在がいることを嫌います。その行動こそがヤキモチと捉えられ、相手は女を意識するのです。女と意識されてしまった後に、私はあなたのことを異性とみたことはない!といっても、もう遅いです。女と意識させたのであれば、その友人関係はそこから先に進むことはないのです。


『友達という言葉だけのギリギリのライン』

これってもう付き合っているんじゃないの?と思ってしまうような行動も「友達だから」という言葉で全て蓋をされていることが多いように思います。男女の友情は、互いの理性から成り立つものですので行動こそが一番気を付けるべきポイントです。友人関係を続けていきたいのであれば、浅はかな行動は間違いを起こすきっかけとなるでしょう。自分の都合よく、友達という言葉を使うのはとてもずるいことですね。しかも、相手はもしかしたら自分の事が好きかもしれないという場合で、ギリギリのラインを保つのは相手に対しても優しさは感じられませんよね。


『最後に』

異性の友人の良い所は、お互いが感じることの出来ない考えを共有出来るところです。男性特有の考えや、女性特有の考えは意外に想像もつかない答えが返ってくることもあります。恋人ではないけども、自分の事を理解して分かってくれる関係というのは嬉しいものです。自分も"この人と一生付き合いしていきたい"と思えて、相手にもそう思ってもらえたらその関係はブレることなく一生続いていくと思います。根本の好きという感情は年を重ねる毎に形を変え、本物に近づいていけば、それは私たちの人生の宝物の一つになると思います。
男と女の関係になってしまったら、もったいないと思われることは"好き"と言われるより嬉しいものかもしれません。人間関係は私たちが思っているほど、簡単なものではありません。だからこそ、大切にしていくべきものなのでしょう。


愚痴・雑談1009CHトークチャンネル

2a4727c93881900f893f7108bb4d707e_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)