皆さんは女性特有の病気についてどのようにお考えでしょうか? 病気は怖いとはわかっていても、きちんと定期的に検診を受けている方は一体どれ程いらっしゃるでしょうか。「まだ若いから大丈夫」「自分は大丈夫だろう」と甘く見ていては取り返しのつかないことにもなりかねません。細胞が若い10代、20代の女性の方が病気の進行も早く、見つかった時には手の施しようがない場合もあるのです。女性特有の病気とは一体どんな物があるのでしょうか?

「子宮頸がん」

子宮頸がんは、婦人科の中で最も多いガンだと言われています。子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部という部分から発生し、子宮の入り口付近に発生することが多いものです。そのため、普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすく、発見されやすいガンです。早期に発見すれば比較的治療しやすく、良くなる可能性が高いがんですが、進行すると治療が難しいことから早期発見が極めて重要と言われています。

子宮頸がんの主な原因として、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が大きく関わっています。HPVは性交渉で感染することが知られているウイルスで、子宮頸がんの患者さんの90%以上からHPVが検出されることが知られています。HPV感染そのものはまれではなく、感染しても多くの場合は症状のないうちにHPVが排除されると言われていますしかし、HPVが排除されず感染が続くと一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。喫煙も子宮頸がんを引き起こす危険因子であることがわかっています。

子宮頸がんの検診は通常の婦人科で受けることができます。医院によりまちまちですが、3000円~1万円程で受けることができます。お住いの地域によっては、子宮頸がん検診を無料で受けられたり、補助してくれる制度もがあったりするため、是非活用してみましょう。

「子宮内膜症」

子宮内膜という子宮の内腔を覆っている赤ちゃんのためのベットの役割となる膜が、子宮の中以外で増えてしまう病気です。30代の女性に多いとされていますが、20代くらいから注意が必要です。月経のある女性のうち10人に1人は子宮内膜症とも言われているのです。

女性ホルモンであるエストロゲン依存性の病気なので、月経がある数が多ければ多いほど子宮内膜症を発育させてしまいます。今では患者数も増え、若年層にも多い病気なのです。昭和40年代に比べると患者数は3倍にも増えているといわれています。また、ダイオキシンの影響も言われています。ダイオキシンは体の中で女性ホルモンと似た働きをするので子宮内膜症が増える原因になると言われているのだそうです。

子宮内膜症の初期症状としては、年々生理痛が酷くなっているというのが一番の特徴です。約9割の女性は月経痛があると言われており、鎮痛剤が効かなくなるほどひどくなることもあります。また、性交痛や不妊なども深く関わっているので、心当たりのある方は要注意です。

「乳がん」

30代後半から40代後半にかけて1番発症しやすいと言われていますが、昨今では20代などの若年層でも乳がんの発症率が高くなっています。原因として、日本人のライフスタイルや食生活が欧米化している事に関わりがあると言われています。結婚しない女性が増えた事や高齢出産の方が増えたこと、動物性たんぱく質の摂り過ぎなどが乳がんの大きな要因であると言われているのです。また閉経前、閉経後の差もなくなりつつあり、若いからと言って乳がんにならないとは限らないのです。

乳がんは痛みが少ない病気であるだけに、痛みがあり病院を受診した時には進行していたという事も少なくありません。1年に一度は検診を受けられる事をオススメします。検査の方法は主に二つあり、マンモグラフィーや超音波エコーによるものです。子宮頸がんと同じく地域によって補助してくれる制度がありますので、早め早めの検査を受けましょう。

女性特有の病気は早期発見が何より重要で、若ければ若いほど進行が早く手遅れになる場合もあります。「自分は健康だから大丈夫」と油断していると二度と子供を授かれなくなってしまうかもしれません。1年に一度だけでもいいので検査を受けられる事をオススメします。

なおえビューティークリニック

The Minnesota National Guard developed the Pink Tank Project to raise awareness about breast cancer. (Photo illustration by Tech. Sgt. Paul Santikko)


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)