バストは女性の象徴でもあるのでいつまでも美しくありたいものです。年齢を重ねてもそれなりに美しいバストを保っていたいと思うのが女心というものです。バストの形からその他のことまで、美しいバストを保つ方法を探ってみましょう。

「バスト」のお悩み

バストアップしたい、胸の形をきれいにしたい、胸の肌荒れを何とかしたい、乳首の黒ずみをなんとかしたい、バストが小さい、バストにハリがない様々な悩みがあります。

・垂れたバスト

垂れてしまったバストをもう歳だから仕方ないと諦めていませんか。諦めるのは早すぎます。ちょっとした方法で胸の位置を上に押し上げることができるのです。まずは姿勢の矯正です。猫背になっているとバストの位置も下がってしまいます。胸をしっかりと開いて猫背を直すだけでかなり印象は違います。また、リンパ腺をマッサージするのも効果的です。わきの下のリンパから胸の上の方にかけてらせん状に優しくもみほぐすだけで違ってきます。

・胸の形が気になる

胸の形はブラジャー選びが大切です。皆さんはブラジャーを買う時にきちんと図ってもらっていますか。合わないサイズのブラジャーを付けていると、血流も悪くなります。ブラジャーのサイズは同じでもメーカー、スタイルによって異なることもあります。測ってもらい試着してから買うようにしましょう。又、正しいブラジャーのつけ方をするだけとサイズはかなり変わる場合もあるので、きちんと相談に乗ってくれるショップで買うのをお勧めします。

・胸のニキビなどの肌荒れ

紫外線を浴びると肌で活性酸素が発生して、毛穴の中で過酸化脂肪酸が出来てしまいます。その為にニキビが出来てしまうことがあります、紫外線を浴びてしまったらビタミンCやEなどを摂取することが大切です。通気性が悪いためにニキビが悪化してしまうことがあります。汗をかいたらふき取ることを心がけましょう。

・胸毛が生えてしまった

胸毛というのは男性のものばかりではありません。女性にも生えてしまうものなのです。その場所は乳輪まわり。もし、生えてしまった場合は自分で処理をするとデリケートな場所なのでトラブルが起きることもあります。又、自己処理をして帰って太い毛が生えてしまうことモアあります。エステなどで脱毛処理すると良いでしょう。

・陥没乳頭・陥没乳首 

乳首が引っ込んでしまう陥没乳頭に悩む女性も少なくありません。先ずはマッサージをして治していきましょう。入浴時に行えますので習慣にしましょう。片方の手で胸を支えて、もう片方の手の親指、人差し指と中指で乳首を撮みます。その後、人差し指と親指で乳首を3~10秒くらい圧迫します。撮んだ状態で指をコロコロと転がすように縦横に交互にマッサージします。摩擦は避けるようにします。

・乳首や乳輪の黒ずみ

クリニックなどで「トレチノイン」と「ハイドロキノン」というクリームを処方してもらえます。受診後、相談して処方してもらいましょう。

「ブラジャーについて」

世の中の約80%の女性は正しいブラジャーのサイズを着けていないそうです。先ずはショップできちんと計測してもらうことが必要です。バストが垂れているとヌード寸法ではトップが小さい数字になってしまいますので、ブラジャー着用で測ります。

ブラジャーの中に周りの脂肪をきちんと納めるとサイズがかなり変わってきます。脇の脂肪ももたつかないように納めるようにしましょう。様々なところからかき集める感じです。その後、カップの上部に段が出来ていないか確認して、段があったらワンサイズ上のカップを着けてみましょう。ストラップの長さもバストのお肉を収めながら調整しましょう。ブラジャーのカップも色々ありますから、試着して一番好みの形に収まるものを選ぶとよいですね。

直接人に見せるものではないけれど、いつまでも綺麗なバストでいたいというのは誰しも同じですね。きちんとケアしてあげることでいつまでも綺麗なバストを保つことが出来ます。今日からバストケアをしましょう。



niki_de_saint_phalle_art_artist
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)