私はなぜこんなにもブスなんだろう・・・。隠すわけにもいかない顔にコンプレックスがあるのは仕方ありません。この際だから、顔のコンプレックスは克服しちゃいましょう。


●なぜ顔にコンプレックスがあるとブスに見えるのか

顔にコンプレックスがあるとブスに見えるのかという部分ですが、それは、その「ネガティブ思考」が顔に出ているからです。顔にネガティブ思考が映し出されていたら、誰も近づいてくれませんよ。


●行動の改善法

・身だしなみ
自分に自信がないから、身だしなみまでも放棄。これ、ありえないですね。他人に不快感を与えてしまってはダメですよ。あなたが自分のことをブスだと思っていたとしても、他人にとってはどうでもいい話です。顔がかわいくても、お風呂に入っていないような人だと嫌われてしまいます。本当にブスなのは、周囲のことを思いやれない人です。

・雰囲気美人を目指す
「雰囲気美人」というのは、整った顔をしているわけじゃないけどなぜか美人に思えるような人のことです。「美形」でなくとも「雰囲気美人」になることは可能ですからね。

・ヘアスタイルを気にする
「人の印象の8割はヘアスタイルで決まる」と言われています。ヘアスタイルをちゃんと気にしていますか?自分に合うヘアスタイルがわからないのであれば、美容師さんに相談してみましょう。

・ファッションで錯覚を起こさせる
ファッションで「このコ可愛いかも?」と錯覚させることができます。茶髪、巻き髪、ゆるふわファッションで「可愛い」が完成しますからね。


●自分を否定しない

可愛くなる努力をまったくしないのは、ただのブスですが、可愛くなる努力よりもまずやってほしいのが、自分を否定しないことです。自分を否定して努力だけに走るのは危険で宇諸。自分のことを客観的に把握して受け入れることが大切なのです。ブスだと思っていても、他人はそうは見てないことが多々ありますからね。客観的に自分を見ることができない場合は、現実的な可愛さから遠回りする傾向が出てきます。せっかく努力しても、「何やってんの?」ってなったら、嫌ですよね。


●世の中は「普通」の人が多い

ブス・普通・キレイの3タイプで顔を分けるとするのであれば、世の中は、圧倒的に普通の人が多いはずです。自分をブスだと思い込んでいる人であっても、実は「普通」に属している可能性が高いことも忘れずに。さらに、「キレイ」に属されているのに、勝手に「ブス」だと思っている人もいますから、思い込みって怖いんですよ。


●さいごに

友達や家族、恋人など、周囲の冗談ともいえる些細な発言によって、自分はブスだと思い込んでしまう場合があります。「ブスだね」と言われた言葉は、相手にとってはアナタの反応が面白いからただ言っただけかもしれないんですよ。もちろん、からかった側はアナタのショックな気持ちを汲み取ることができていません。それができるのであれば、最初からそんなことは言わないはずですから。コンプレックスは言葉通り、複雑な問題ですから、コンプレックスを抱かないのは無理かもしれません。ですが、可愛いとかブスとかの定義なんて人それぞれ違うものなんですよ。努力は必要ですが、空回りしてもいけないということを知ってほしいなと思います。自意識過剰になるのはいけません。でも、思い込みもいけません。アナタはアナタらしくいけばいいのです。




girl-1121217_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)