付き合う上で、セックスの相性はかなり大事!なんて話を聞いたことある人も多いと思います。しかし、セックスも大事なんですがそれ以上に大事なものがあったんです。実は普通にしていたキスでお互いの相性が分かるんです。キスの相性が合うということは性格も合うということに結びつくようです。今回はそんなキスと相性の話をしたいと思います。


【なぜ、セックスよりも相性がいいのが分かるのか】

セックスの相性=身体の相性であって、性格が合うかどうかは分からない場合があります。もちろん中には、行動など動きで何を考えているのかが読める人もいるので、この人は私と合っているなと思う時もあるかもしれませんが、それが毎回できたら苦労しません。ですが、キスだと分かってしまうようです。これは、ほんまでっかTVにも出演されている脳科学者の澤口先生も言っていましたが、キスをすると無意識に性格がお互い分かってしまうようなんです。この理由として、唾液に含まれている脳内ホルモンが4~5種類の性格パターンに対応するようで、唾液で性格を微妙に見分けることが出来るそうなんです。キス自体も、本能的にしてしまうことのようで性格などが出やすいという点もあるようです。無意識にしているキスこそが人の、本性と言ってもいいのかもしれませんね。


【キスでどのようなことが分かるのか】

言葉で言われても、どういう事なの?どこで性格がわかるの?なんて人もいると思うので、詳しく説明したいと思います。

◆キスをしている時間の長さ

●キスが長い人
・寂しがりやの可能性あり
・彼女のことが大好きで、愛情をたくさん持っている
・甘えん坊

キスが長い人は、甘えたかったり好きという気持ちが強く二人の時間を大切にしたいと思う人が多いようです。
普段は男らしくても実は寂しがりやな一面もあったりするようです。

●キスが短い人
・性格がサバサバしている
・自己中心的な人の可能性あり

キスが短い人は、自分が満足したいからやっていたりすぐ終わってしまうということはそこまでスキンシップは求めていないサバサバした性格の持ち主かもしれないようです。

◆キスをする回数

●回数が多い人
・気を許しているから
・甘えたがりの表れかも
・本当は軽い人の可能性も

なんだかどっち付かずな感じの結果です。軽い人ももしかしたら中にはいるかもしれないので注意した方がいいかも。

●回数が少ない
・緊張している可能性も
・一回に気持ちや思いを込めている
・さっぱりとした性格かも

気持ちを込めるという意見に対して、さっぱりした性格もいたりと回数ではなんだか分からないことがありそうですね。

◆キスをする場所

●出かけた時にキスをしない人
・恥ずかしがりな性格
・真面目な性格

人目を気にしてしまって、恥ずかしさなどの感情が勝ってしまいあまりキスしない人が多いのだとか。

●どこでもキスをする人
・愛情が深い
・自分に自信がある傾向
・遊び慣れている可能性あり

愛情が深いのは嬉しいですが、遊び慣れている可能性があるのは少し心配ですね。自信家ってところも少し気になるところかもしれませんね。

◆キスをした時の感触・感覚

●キスの相性が良い時
・キスの時間が長くなる
・吸い付く感じがする

これが実は一番重要なのかもしれませんね。時間が自ずと長くなるということは、お互いが求めているということです。
相性が良ければ自然と、長い時間キスしてしまうものなのかもしれませんね。

●キスの相性が悪い時
・不快感を感じる
・なんだか空間がある感じがする
・動きに戸惑ってしまう

自分が動きに合わせてもなんだか噛みあわないなんて時ありますよね。それは相性の悪さを表しているようです。気持ちよく思えないし、一方的なキスをされて不快感があったりすると完全にアウト。不快感があるキスをもう一度したいとは思わないですよね。つまりは相性が合わないということなんでしょうね。


確かに、キスで全ての物事が変わったりわかったりなんてことはないと思いますが、相性を知る上では重要なものなのかもしれませんね。これを見て、好きな人と相性を試してみて、こういう性格なのかと知るのもいいかもしれませんよ。


boy-946213_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)