皆さんは年の差結婚、年の差恋愛をしたことがありますか。10歳以上離れていると子供の頃に見ていたテレビ番組などが違うので話が合わないなんて言われることがありますが、実際のところどうなのでしょう。テレビの話は合わないけれど他のところでは年は関係ないという話もよく聞きます。気になりますね。

◆年の差カップル

年の差婚というのは、年齢差が10歳以上離れているカップルのことを指すようです。印象的なのは加藤茶さんが46歳年下の女性と結婚したことですね。年の差カップルといっても男性が年上の場合と女性が年上の場合があります。印象はかなり違うと思いますいかがでしょうか。

【女性が年下】

一般的にはこちらの方が多いと思います。男性はいくつになっても若い女性と付き合いたい、恋愛したいと思っていることが多いですからね。大概若い女性と結婚すると羨ましがられるのではないでしょうか。男性とあまりにも年が離れていて高齢になっていると「遺産目当て?」とか「お金目当て?」と言われることもしばしばあります。

【女性が年上】

2~3歳なら驚かれませんが、10歳近く年上だと口には出さなくとも驚かれるのが一般的。「なんで?」なんて言われてしまう事もありますね。

◆年の差婚のメリット

【男性が年上の場合】

・相手に甘えられる

一番の理由はこれですよね。同じくらいの年だと喧嘩になってしまうようなことも笑って許してもらえるってイイですよね。

・頼りがいがある

やはり人生経験が豊富なだけ頼りがいがあることが多いですよね。同じ年くらいだと人生経験も同じくらいだから、二人で頑張らないといけないかも。

・喧嘩が少ない

上の2つと関係しているかもしれませんが、何かあったときに真正面からぶつかることが少なく喧嘩にまで行かないことが多いようです。これも人生経験のなさる技なのか。

・経済的な安定がある

ある意味当たり前ですが、長く働いている分収入も多いことがありますね。今の時代リストラとか早期退職もあるのでそうとばかりも言ってはいられませんが。

【男性が年下の場合】

・相手のことを許せる

相手が年下だと思うと少々のことは笑って許せてしまうかもしれません。同じくらいの年だと腹の立つことがそうでもないとか。不思議なものですね。初めからそういう意味での期待は多くしないからかもしれません。

・自分も若くいられる

相手が若い分、努力をします。体も心も若くいようと思いますから。一緒に成長しようと考えることもできますね。

・自分がリードできる

女性の性格にもよりますが、リーダーシップを取りたい人には相手が年下であることでリーダーシップが取れて安定するようです。年下男性が甘えてくれるのがいいのです。

◆年の差婚デメリット

【男性が年上の場合】

・話題が合わない

仕方ないのですが、好きな歌とか話が合いません。どちらかが歩み寄ると良いのかもしれませんね。

・自分の意見が通りにくい

年下と思われていると意見が通りにくいことが多々あります。頼っているからいいのですが、たまには自分の意見も聞いて欲しいと思うのです。

・親子に間違えられる

一緒に外出した時に親子と間違えられてしまうことがあります。何と答えていいのか迷います。

・出産を考えてしまう

子供を早く産まないと成人した時に相手が何歳になってしまうのか心配です。

・老後のことが心配

普通に考えると相手の方が早く言ってしまうので、老後の生活が心配になります。

【男性が年下の場合】

・見た目が気になる

自分が老けて見えていないかとても気になってしまいますよね。

・相手が頼りない

人生経験が少ないため頼りなく感じることがあったり、わかってはいるけれどたまに痛感するときがあったりするでしょう。

・対等の立場になりづらい

ついつい相手の世話をしてしまい、そのうちお母さんのようになってしまい、何でも頼られてしまうこともあるでしょう。主導権があるのは良いけれど、ちょっと違うかなと思う時もあります。

どんな結婚、お付き合いにもいいところも悪いところもあるはずです。全てがうまくいくことなんてまれ。だったら、その出会いを大切にして思い切り楽しんだら良いではないですか。せっかく縁があって出会ったのですからね。

真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪

738059e7a4a9668bb72a950925fed494_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)