男性よりも女子のほうが、結婚に対しての思いは真剣です。もともと女性のほうが2歳ほど精神年齢は高めだと言われていますが、結婚に対する考え方は更に2歳ほど老成している気がします。確かに私が男性だったら35歳までは仕事や遊びに時間を費やして、結婚なんて考えたくありません。どちらかというと自由な時間を楽しみたい派ではありますが、結婚のタイミングを逃したら……と恐怖も感じています。

◆高齢出産よりも出産した子どもとの年齢差が気になる

女子にとっては結婚の先には出産があり、出産にはタイムリミットがあります。35歳までに第2、3子を生んでおきたいとなると、アラサーの今のうちに話をまとめておかなければならないわけです。もちろん年齢が上がっても出産はできますが、個人的には出産した後の子どもとの年齢差を気にしています。

35歳の時に生んだ子が成人する頃には、55歳。子供がやりたいと言ったことに対しては積極的にやらせてあげたいという気持ちがあるので、気になるのは収入面です。たとえ年金や退職金や貯蓄はあったとしても、プレイヤーとしてお金を毎月もらっている状況のほうが良いと思うのです。海外の院に行きたいなんて言ったら、対応できますか?

自分が働いている前提で上記は書きましたが、相手の旦那様の年齢も同じく加味する必要があると思います。多くの女子が同年代もしくは年上と結婚するでしょうから、同等の計算ができることでしょう。もちろん、貯蓄がしっかりとあれば問題はありません。しかし、今の自分の年収を考えた時に劇的に上がることも想定できないため、着実に行きたいと思うのです。

◆結婚、出産を逆算して考えられるのは女子だけ?

女子と違って、男性はいくつになってもモテようと思えばモテます。女子は男性の中身と雰囲気を見ているため、多少見た目が劣化しようとも気にはしませんよね。むしろ大人の男性には魅力があるものですし、コロッといってしまう女子も少なくはありません。

生殖能力自体も高齢になっても元気な方は元気ですから、生涯現役という方もいらっしゃいます。となると、結婚に対する焦りって生まれませんよね。周りが全員既婚者になって遊べなくなっただとか、親からの圧力だとかがない限り、真剣にもなりにくいものです。

となると付き合っている彼女からの上手なプレッシャーが必要なわけですが、上手な方は結婚、失敗した方は30手前にして独り身という大きな岐路に立たされてしまいます。個人的にはだらだら付き合っている彼に結婚を焦らせることはできません。(いませんが笑)この先どうなるんだろう? という一抹の不安とともに、年齢だけ重ねてしまいそうな気もしてしまいます。取り越し苦労ではありますが、そんな恐れが大いにあります。

結婚と出産を逆算できるのは女子だけだとしたら、上手に彼に示唆していかなければなりません。男性の場合、結婚に対する熱量は人によっても異なるため、もし結婚への脈がなさそうだったら早いうちに切り上げることも必要なのかもしれませんよね。


マイナビ婚活

city beauty
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)