何となく水太りしている気がする・・・。そんなことを思ったことはありませんか?水分の摂取しすぎなのか?いいえ。実は、その水太りは、むくみのせいかもしれませんよ。


●なぜむくみに水太りが関係あるのか

立ちっぱなしの仕事をしていたりすると、むくみが酷かったりしますよね?実は、水太りとむくみはとても深い関係があります。水太りとは、身体の中の過剰な水分がうまく排出されずに溜まっている状態のことを言います。人間の身体の約60%は水分でできているということを知っている人も多いかと思いますが、身体を構成するのに大きな部分を占めているものですから、バランスがコントロールできなくなるいろいろな不調が出てくることになるでしょう。


●むくみの原因と解消法は?

・お酒の飲み過ぎや塩分
お酒を飲み過ぎた後やラーメンなどを食べた翌日に顔などがむくんでいた・・・という経験をしている人は多いかと思います。アルコールは腎臓でろ過されて排出されますが、一度にたくさん飲みすぎるとその機能が追い付かなくなってしまうため、むくんでしまいます。また塩分を摂取しすぎると体内の塩分濃度を下げようとするため、お水が飲みたくなってきます。その結果、身体は水分を体内に保とうとするので、排出をあまりしなくなってしまうのです。

・運動不足
運動不足は筋肉を動かさなくなりますので、リンパの流れが悪くなります。だから、足などにむくみが起こってしまうのです。また、座っている姿勢が長かったりするのもよくありません。ふくらはぎを動かさないので、血流やリンパの流れが悪くなりむくみます。水太りは体型の変化だけじゃなく、ホルモンのバランスの乱れや冷え性などの不調を引き起こすでしょう。体内にいらない水分を排出しないと、どんどん水太り(むくみ)が酷くなりますので、体内に溜めすぎないようにしましょう。とはいっても、水をまったく飲まないようにしようとするのは違いますので、代謝を上げてしっかりと排出するようにしてくださいね。

・ジュースは飲まない
日々水分を補給しますが、その際にはジュースはNGです。砂糖などが多く含まれる飲み物は体を冷やしますからね。ですから、お水か中国茶などを飲むようにしましょう。さらに、運動時でなければスポーツドリンクの飲みすぎないようにしてください。スポーツドリンクは塩分が多く含まれるため、運動をしないで飲むとむくみを悪化させてしまいますよ。

・汗で出す
水分を出すのに、一番いい方法は汗をかくことです。これが一番健康にはいいでしょう。運動をして汗をかくのが難しいということであれば、お風呂に長くつかったりして代謝を上げる努力をするようにしてください。

・下着や靴の締め付け
サイズが合っていない下着や靴などもむくみを引き起こします。身体を締め付けるとリンパの流れや血流が悪くなりますので、循環が止まってしまいます。きちんとサイズを測って自分の身体にぴったりのものを身に着けるようにしましょう。


●さいごに

むくみによる水太りの場合は、小さな要因が積み重なってることが原因となっていると考えられます。生活習慣を変えるのもそうですし、規則正しい生活を送るのも必要です。水分を摂取しないと人は死んでしまうので、適度に水を飲んで身体に必要な量をしっかりと取り入れることを忘れないようにしてくださいね。人は、食事をあまりしなくてもすぐには死にませんが、水がないとすぐに死んでしまいますからね!




cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)