皆さん、セックスは週に何回していますか?あまりやらない人もいれば、毎日やっているという人もいますよね。そんなセックスですが、なんと欧米でセックスは身体にいいという研究結果が出たんです。週に何回セックスしているかで身体にもたらすメリットが変わってくるみたいです。今回はセックスのメリットを、週の回数ごとに分けて紹介したいと思います。


【週1回~】ダイエット効果

セックスをするとオキシトシンが分泌され、良質な睡眠が得られるようです。そして、良質な睡眠をとることによってダイエットホルモンと言われているレプチンとグレリンが食欲を抑えてくれるようです。セックス自体カロリーを消費するので、運動している時と同じでカロリーもちゃんと消費されるので一石二鳥ですね。

【週2回~】免疫力が上がる

セックスによって変わる、気分の高まりやリラックス状態は健康にも関係があるようです。週2~セックスをしている人は免疫力を上げる免疫グロブリンというものの分泌が30%以上上がるようで、そのため風邪など病気にかかりにくくなるようでです。

【週3回~】心臓にかかる病気の予防

もちろん、セックスをする時は興奮していることもあり心拍数も増えますよね。その時に自ずと血流もよくなります。ブリストル大学の研究によると、週に3回以上セックスする人は心臓発作などのリスクを半分にする効果があり、高血圧にも非常にいいという結果があるそうです。

【週4回~】美肌効果

なんだかちゃんとセックスなど夜の営みをしている人って若く見えますよね。実は週に4回以上セックスしている人は4歳~7歳も若く見られる傾向にあるようです。これは、美人ホルモンと呼ばれるエストロゲンとヒト成長ホルモンの生成を促進する効果があるからだそうです。お金をかけずに化粧品よりも効果があるとは、まさに究極のエイジングケアですね。

【週5回~】何事にもやる気になる

やる気が出るってセックスじゃなくてもと思うでしょうが、セックスをすることによってドーパミンが活性化されて、ポジティブな気持ちや幸せな気持ちを持続して持つことが出来るそうです。集中力やモチベーションも上がるので、仕事の効率も良くなるようですよ。

【週6回~】脳が若返る

セックスによって、脳への血流が上がり、記憶と学習をになっている役割の海馬という部位の脳細胞が成長するようです。頻度が高ければ高いほど脳細胞の活性化に繋がるということになるようです。

【週7回】ストレスを和らげる

毎日セックスをすることによって、脳に快感を与えるエンドルフィンが満たされて、ストレスの解消や不安な気持ちを軽減させるようです。エンドルフィンには他にも効果があり、身体の緊張をほぐす効果や肩こりなどの解消にも効果があるようです。


お互いの欲求や快感だけでなく、週に回数を増やすごとにこれだけの効果があるようです。健康に繋がったり、ストレスの緩和やアンチエイジングに繋がったりといいことが多いです。ですが、いいセックスが出来ないのはあまりよくないと思います。あくまでも、こういうこともあるよと言うことなので、無理に回数を増やすこともないと思います。愛情を感じられるセックスこそ一番心にも体にもいいのかもしれません。

【コンドーム専門通販のラブクリニック】

couples-1057638_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)