男性に求める条件が高すぎて「理想の彼が現れない」と嘆くのも、たくさんの出会いの場に参加して「良い出会い」がないと嘆くのも非生産性を感じませんか? 前者を出会いの質だとして、後者を出会いの数だとした時、どちらが生産的な出会いなのでしょうか。生産的というのは、ここではマッチングが成立するという意味です。つまり、出会いからお付き合いにスタートするかどうか。両面から見ていきましょう。

◆出会いの「質」とは? 

出会いの質というのは、条件を設定し、自分の理想に近い男性と出会うことを指します。質を向上させることで理想の男性に出会うことができるかもしれませんが、誰も該当しない恐れもあります。質にこだわりすぎるあまり、条件だけで男性を判断していると大事なものを見誤る可能性もあります。

もちろん条件を設定して出会いの質の向上を求めるのは、無駄な出会いを減らし、最短経路での目標達成が可能です。自分の現状と照らしあわせて、妥協しない路線で考えるのも間違いではありません。

◆出会いの「数」とは?

一方で出会いの数とは、間口を広くしてキャッチできる男性の母数を増やすことです。出会いの数を増やすことで多くの男性と出会うことができますが、理想の男性と出会えない恐れもあります。ただただ出会いの場を増やしているだけでは、質の低下が著しく、無駄に消耗してしまう可能性があります。

大人になると出会いは意識して増やしていかないと、なかなか増えるものではありません。恋愛を始めるためにはまずは出会うことが大切ですから、お付き合い願望のある男性が多い場所に出向くのは目標達成率を上げることができます。

◆出会いの質を高めてから、量を増やしていく

たとえば、出会いを求めて趣味のサークルを探してみるとします。恐らく同じ活動内容でも人や場所が違うと雰囲気は全く異なりますよね。出会いの質を向上させるためにも、自分の納得できる場をみつけるまで、高いクオリティを妥協せずに求めていきましょう。自分のフィットする環境をみつけることで、質の良い出会いを生むことができます。

出会いの質を高めたら、同じクオリティを持つ出会いを増やしていきましょう。ただただ出会いの場に参加するよりも、自分の肌感覚で合う場所を増やしていくことで効率的に出会いの数も増やしていくのです。そこからあとは、タイミングを待ちましょう。天地人、人と環境が揃えば絶妙な時期にタイミングは現れます。焦らずとも結果は出せるはずです。

結局のところ、出会いの質にしても数にしても、どちらかに偏ると生産性は高まらないのではないでしょうか。どちらも十分に満たした時に目標達成ができるものだと思います。だからこそ難しいものなのかもしれません。どっちにしろ妥協はあまり良い結果を生まないような気もします。ぶれない芯を持って、素敵な出会いを待つために動くのが大切なようです。




c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)