社会人になるとSNSの利用頻度もめっきり減って、惰性でだらだらと見るものの特に自分から投稿はしないという方が多いのではないでしょうか。多くの人が誕生日祝いへのコメント返し、ライフイベントの全体報告程度に利用している気がします。かくいう私のTLもシェアされたwebメディアと誕生日とライフイベントが並ぶ程度の少ない情報量になっています。

しかし、その中でもやたらめったらパリピのような投稿を連日のようにしている方はいませんか? 多くの人と共にタグ付けされた写真、イベントページのシェア、マメないいねにマメなコメント。毎日が充実しているように見える彼らではありますが、仕事で活躍する人や結婚間際の人で彼らのようなタイプに該当する人ってあまり見たことがありません。本物のリア充はSNS上には存在しないのでしょうか。

◆「リア充アピール」は誰に向けてのアピール?

彼らのリア充アピールは誰に向けてのアピールなのでしょうか? SNSに投稿することで、不特定多数の人からいいねのリアクションがあります。TLに並ぶ全ての投稿にいいねを贈る親心いいねの人、ごくたまにいいねを押す非アクティブユーザーな人、いいねのリアクションの中にも様々存在します。多くの人が惰性やお付き合いでもいいねを押すわけですから、果たしてそれで彼らの自己顕示欲は満たされるのでしょうか? ちょっぴり寂しさを感じてしまいます。

◆本物のリア充はオンタイムを充実させる必要がない

そもそも本物のリア充はオフタイム(ネットをしていない時間)が充実していますから、ネット上でのオンタイムを充実させる必要がありません。リアルで忙しい彼らはネット上には登場しません。いちいちSNS映えするようなイベントに行く必要もありませんし、誰からのいいねも特には期待していないものです。むしろたまに現れるからこそいいねの数が桁違いなことになる人も多いという皮肉なことも起きます。

◆なぜ「リア充アピール」をしたくなるのか

たとえオフラインが充実していなくとも、SNS上での投稿が少ない人もいます。自分からの投稿というより、他の人にタグ付けされた写真がTLに並んでいるだけの人もいます。しかし、その中でもオンタイムリア充は目立ちたい、存在を認めてもらいたいといった気持ちから周りが煙たいぐらいアピールしてしまうのでしょう。寂しさからの行動なのでしょうか。

世の中にはリア充アピールを嫌う人もいるようですから、何事もほどほどにしたほうが良いのかもしれません。もちろん気持ちが舞い上がって楽しさを伝えるために投稿してしまう人も多いことでしょう。しかし、あまりにも投稿が多いようだと、見ている方も虚しさを感じてしまうのです。




love_you_to_560664
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)