ボディタッチは恋愛テクニックの中でもかなり効果があります。しかし、触り過ぎてしまうと効果は半減してしまいますよね。絶妙なバランスがとても大切なのです。今回はより効果的なボディタッチ戦略についてお伝えしていきます。

◆ボディタッチすることで相手に意識させる

何気ない日常での行動の際に自然とボディタッチができると、それだけでも男性は意識してしまいます。

たとえば、職場でお疲れの挨拶の際に、軽くポンと肩を触ったり、会話のなかで腕や背中を軽くたたいたり、いろんなシーンでボディタッチができますよね。もちろん、やりすぎは禁物です。さり気なく行うことで効果が高まり、十分に意識してもらえます。

普通の関係(友達や同僚など)では、肌と肌とが触れ合う事はあり得ません。そのため、さり気ないボディタッチだけでも、ドキリとして緊張してしまうのです。好きでも何でもない相手であったとしても、繰り返し行われるとかなり意識をするようになってしまいます。

◆脳が勘違いをする

ボディタッチをされた時のドキドキした感覚が何度も行われる事で、脳内にドーパミンが分泌されます。これは恋愛した時と同じなので、脳は恋をしたと勘違いをしてしまうのです。強制的に恋しているときの感覚を作り出しているようなものなのです。だからこそ、この勘違いをうまく利用すると、恋のきっかけになるかもしれませんね。

このドキドキした感じは、不思議な事に男女問わずにあり、相手が異性でも同性でも起こるので、気になる人や好きになる人にだけ、さりげないボディタッチをすると効果がより高まります。でも、いろんな人にじょうずにボディタッチできる人は、みんなの人気者になってしまうかもしれませんね。

◆ボディタッチは微妙なさじ加減が重要

確かに好きな人にばかりボディタッチしていれば意識させる事はできますが、いつでもなんでも触れば良いというものでもないのです。タイミングを間違えてしまえば、ドキドキどころか、ただビックリさせてしまうだけになり、かえって嫌われてしまったり避けられてしまったりするかもしれません。

また、ボディタッチを通り過ぎて、ベタベタと触りすぎていると変な勘違いをされることや、周りから見ていても不快になることもあります。このようにボディタッチはタイミングや強さ、触り方などのさじ加減が大切です。上手にできるようになるには、ちょっとした練習や研究が必要かもしれません。

◆最初は友達や同性同士で試してみる

ボディタッチに慣れていない人は、いきなり好きな人を触るのはかなり勇気も入りますし、敷居が高すぎて緊張してしまうかもしれません。ちょっとだけ心配がある方の場合、最初は同性の友達にタッチしたりして、慣らしていくと良いでしょう。何度もやっているとすぐに慣れてくるので、そのノリで好きな人にもタッチできるようになります。

ちなみにボディタッチが上手な人は、異性や同性に関わらず同じように接しているので、周りに上手な人がいる場合は、観察してお手本にしてみるのがいいですね。

◆こんなボディタッチは嫌われる

ボディタッチもやりすぎてしまったり、タイミングを間違えてしまったりでは失敗してしまいます。

【NG例】

・会話が弾んでいる訳でもないのに、意味もなく突然タッチ
・男性であれば太ももや腰、女性であれば胸の近くや足など、さりげなく触るにはおかしい部位やいやらしさがある感じのタッチ
・しつこく何度もタッチ
・誰かれかまわずタッチ
・タッチを通り越してベタベタ触る

いかかでしたか?さり気なくて上手なボディタッチが、できるようになるといいですね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

愚痴・雑談1009CHトークチャンネル

PAK88_unadarekabedon20140301_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)