セフレと言う言葉を聞くと、ダメなこと!と思う人もいますが、最近では、お互いに同意の上でやっているのあれが別にいいんじゃない?なんてことを言う人も多くなってきています。もちろん、結婚や付き合っている人がいないことが前提だとですが。でも、相手がいなくて、尚且つ同意の上なのであれば迷惑をかけているわけでもないので、正直セフレの関係はありなんじゃないかなと思ってしまう人が多くなっています。でも、セックスをしていく間にどんどん距離が近くなってしまい、恋愛感情が生まれてしまうなんて話も聞いたことありますよね。ここが、このセフレという関係を続けていく上で難しいポイントなんです。

女子としては、恋愛感情が入ってしまった以上は好きだし付き合いたいと思いますよね。ですが、男子にからするとその感情が鬱陶しく感じてしまうことがあります。そうなってしまってはこの関係を上手く続けることはほぼ無理でしょう。この時、好きになったとしてもどうにか気持ちを隠そうとしますよね?ですが、男子にとって、気持ちよりも言葉でこの子とはもう関係を続けられないと思うようです。では、どのようなワードを使ってはいけないのか。今回はセフレの関係で絶対に使ってはいけないNGワードを紹介したいと思います。


◆私のことどう思ってる?などどう思っているのか聞く

まず、セフレというのはセックスを楽しむだけの関係ということは分かりますよね。ここで重要視されているのは、セックスをした時の快楽と相性だけです。その中に、恋愛感情や嫉妬はあるとダメなんです。あくまでもセフレの関係なのに、恋をしてしまい嫉妬や一緒にいたいと思ってしまえば、この関係は終わってしまいます。なので、私のことどう思ってる?や私のこと好き?など自分のことをどう思っているのか聞くことはまずNGです。男子からするとこの関係に、恋愛の好きは存在しません。セックスはするけど、彼女にする気はないからと切られてしまうのがオチになってしまいます。


◆結婚したいんだよね。と結婚願望を話す

セフレの関係を作っている人の中には、既婚者ももちろんいたりしますよね。セフレだから付き合うとか考えていないし、相手もそういう感情にならないだろうと考えている人も多いんです。それに、既婚者でセフレを作っている人は結構多かったりしています。そんな中、結婚したいんだよね。など恋愛の先の話をしてしまうと「俺との結婚を考えているのか?」など自分に対して恋愛感情を抱いているのではないかと不審に思い関係を切ろうとしてくる男子もいます。別にそういう意味ではないと分かっていても、男子は勘違いしてしまいがちです。それに既婚者は、離婚することを一番に恐れています。離婚を恐れてはいても、不倫ではなくただのセフレだし、大丈夫だろうと思っていたのに結婚の話をされると多少焦ってしまうし、さっきも書きましたが不審に感じてしまい関係を絶とうとします。なので関係を切りたくなければ、初めに既婚者とわかっていてもいなくても結婚というワードは出さない方がいいでしょう。


◆好きな人いないの?など恋愛事情を聞く

好きな人がいたり、付き合っている人がいてもセフレを作る人は何にもいます。そういう男子に、好きな人いる?などの恋愛の話題を出しても冷めるだけで、セックスにあまり集中できなくなる場合もあります。あくまでも、セックスだけの関係なのにセックスも中途半端になってしまえば男子としてはマイナスポイントになってしまいます。それに、好きな人いないのならまだしも、彼女作らないの?と聞くと本命もいないモテない人と言われているのではないか?と勘違いする男子もいるので、なるべく相手の恋愛のプライベートなことに介入するのは良くないようです。セフレはあくまでも割り切った関係を保つことが大事です。ある程度の距離感が持てない人には、あまりセフレを作るのは向いていないかもしれません。


そもそもが、女子のセフレ作りと男子のセフレ作りの意味が少し違っていて、女子は擬似恋愛のような関係を求めて作る傾向にあるようですが、男子はセックスだけの関係を求める傾向があり、その先のことを考えていないし恋愛なんてこの関係にないものだという考え方をしています。とはいえ、セフレの関係から付き合ったというケースも少なくはありません。男子も、セフレなら誰でもいいというわけでもありません。もし、恋愛感情が入ってしまった時は、焦らず 相手に気持ちを悟られないように関係を上手くシフトさせていくのがいいでしょう。




gahag-0031882533-1
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)