恋愛の中でも、正直になり濃い時間を過ごせるのってセックスをしている時だと思いますが、自分なりに喜ぶかなと思って伝えている言葉が実は傷つけている時があるって知らない人が多いですよね。男子も、気を遣ってなのか言わずに心の中でかなり傷ついていたり、冷めていたりするときがあるんです。正直、それは男子の勝手じゃん!と思いますよね。でも、好きな人はなるべく傷つけたくはないものですよね。なので、今回は意外と使ってる、男子が傷つくセックスでの地雷ワードを紹介したいと思います。
これを見て、言っちゃってるかも...と思ったらなるべく言わないようにた方がいいかもしれませんね。


◆無理して頑張らなくていいよ!

例えば、彼氏が疲れていたけどセックスの流れになった時に、「無理しなくていいよ!」「頑張らなくていいよ!」なんてことをついつい言ってしまっていませんか?これは、実は意外と地雷ワードになるんです。そもそも、男子は意地とプライドを持っているものです。どんなに疲れていようと男のプライドというやつで頑張ってしまいます。そんな時に無理しなくていいよなど言葉をかけられると、同情されているような気持ちになるようです。疲れていても頑張ろうとしている時は、素直に男子に身を任せるのが吉。途中でダメになってしまった時は、優しく「今度続きしようね」などと声をかけてあげるといいでしょう。初めに止めるのではなく、流れに任せていくのが一番いいようですよ。


◆一番感じる!

気持ちよくてつい言ってしまうことが多そうな表現ですが、男子にとってはその言葉は全く盛り上がりません。むしろ、萎えてしまうこともある言葉です。一番ということは、比較していると男子は捉えます。じゃあ他にも2番、3番がいるってことだろ?と変な勘違いをしてしまう人も中にはいます。そうなると、セックスを比べられているような気持ちになってしまい、全く盛り上がらなくなってしまいます。繊細過ぎない?と思う人もいると思いますが、不機嫌にしてしまってせっかくの場が台無しにならないように気を付けましょう。


◆今までで一番大きい!

男子にとって、一番のコンプレックスになりやすいペニスですが、ソレについて触れるのは一番の地雷ワードです!褒め言葉として言っているつもりなのに、なんでダメなの?と言う方も多いと思いますが、男子にとって一番ナイーブなポイントと言っても過言ではところなので、いくら褒められても「どうせ小さいと思ってるんだろ?」「俺よりでかい人に会った時どうするんだろう」など変に勘ぐってしまったりします。そうなると一気に自信がなくなり、酷くなるとセックスレスになってしまうことも。不安にさせないためにも、たとえ褒めるつもりでも大きさについては触れないのが一番ですね。


繊細過ぎるでしょ!とツッコミたくなるようなことですが、男子にとってはかなり重要なことのようです。女子の皆さんにとっても、触れてほしくないこともありますよね?それと同じでくだらなくても、気持ちは同じです。ただ気を遣って言っていたのにってこともあるので、その辺は察して次からは言わないようにするなど、知らないうちに傷つけていたなんてことがなくなるようにしていきましょう。

【コンドーム通販のLOVE MART】

gahag-0026387523-1
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)