最近は、草食系男子が増える一方で性にガツガツ積極的な女子が増えてきました。それと同時に、セフレと言う言葉も今では普通のこととして通っているようです。前だと、セフレとなると後ろめたい気持ちがありましたが、今はもう普通の共通言語のようにも聞こえますし、変な差別的な意味もなくなってきました。さて、そんなセフレですが誰もが作っていいものではないようです。その人の特徴によっては作らない方がいい人も中にはいるみたいです。今回はセフレを作るべきではない女子の特徴を紹介したいと思います。


◆時間がある人

時間が余っていて何もすることがない時間が増えれば増えるほどセフレになった男子のことを考えてしまいがちになってしまうようです。じっくり考えたとしても男子としてはセフレはセフレとして考えているので、セックスの快楽のことしか考えていません。この関係について考え始めるとどうしても、相手に見返りを求めるようになってしまい、上手く関係が続かずに終わってしまうことが多いようです。特にアフター6と呼ばれる時間帯が暇な女子や主婦の人がこうなってしまう傾向にあるようです。


◆周りが女子ばかりの環境にいる人

昔から女子に囲まれて育った人は、ほとんど男子と接することがないためどうしてもセフレに求めがちになってしまうようです。初めは身体だけの関係と思っていても、次第に恋愛対象として認識し始めてそこからセフレでは嫌だ!ともっと上の関係を求めるようになってしまうようです。確かに男子に出会う機会もきっかけも少ないとどうしても求めてしまうようになってしまいますよね。なので、セフレではなく良好な恋愛関係を築くのがいいかもしれません。


◆優柔不断な人

自分ではなかなか決められない人は、セフレを求めていなくても相手のペースにいつの間にかハマってしまい、セフレになってしまうというようなケースがあります。断る理由もないし承諾してしまった。まではいいんですが、そこから自分の気持ちが分からなくなりどんどんその気持ちが苦しくなってきます。そうなってしまったらどうしようもないので、優柔不断を治すためにも関係を思い切って絶ちましょう。そのままの関係を続けてしまうと自分が持たなくなってしまうので気を付けましょう。


◆相手のことを知りたくなってしまう人

あくまでも、セフレというのは友達であってそうではない関係です。男子からすると身体を交じり合わせるだけの関係になります。そんな中、セックスをしていくうちにこの人はどんな人なんだろう?と相手のことを知りたくなってしまう人はなるべくセフレを作るのは避けた方がいいようです。相手は、自分のことを知ってどうすんの?と不信感が出てきて、好きになられたかな?とめんどくさがって関係を切ろうとしてきます。あくまでも身体だけの関係です。それ以上を求めてしまうようなら、セフレではない関係にないましょう。


セフレを作ることは全く悪くないことだと思います。同意の上でやっていることに問題は無いですよね、ですが、その関係のままいられるかといったら、そうではないこともあります。恋愛感情を抱いてしまって相手にハマってしまわないように、考えた上で作る必要もあるのかもしれませんね。


100種類以上の在庫完備!コンドーム通販のラブマート

female-832266_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)