女子をこじらせてから早XX年。自分の中の「女子っぽさ」や「可愛い」を許容できなくて、恋愛に対してこじれた考え方をしてしまう「こじらせ女子」。もれなく私もこじらせ女子なのですが、最近こじれた女子の中にもいくつかのパターンがあることに気が付きました。多様化するこじらせ女子のいくつかのパターンを紹介していきます。

◆恋愛自体に興味がないパターン

アラサーともなると多くの女子がそれなりに恋愛を経験するものですが、恋愛自体に興味がないこじらせ女子も存在します。自分に対してもストイックなだけあって、恋愛に対してもストイックです。男性にモテないわけではありませんが、自意識が低いために彼からのフラグを折ります。もちろん彼との恋愛を望んでいるわけではないので、進展も望んでいません。彼女の価値観と行動がしっかりとリンクはしていますが、男性に与える印象はどういったものなのでしょう? 小悪魔的にも写っているかもしれませんね。

◆恋愛に対して気持ちが熱くなれないパターン

人並みに恋愛は経験してきたけれども、恋愛に対する気持ちが盛り上がらないパターンのこじらせ女子。自分勝手に男女の関係の諸行無常さを感じ、累々と恋愛遍歴を重ねていってしまうのではないか、女子の結婚願望は生物的なものなのか社会的なものなのか……思考回路が取り越し苦労して、手に負えない価値観を創造していきます。要するにただの考えすぎなのですが、それだけ気持ちが盛り上がるような恋愛についてあれこれ更に考えてしまうのです。「考えるな、感じろ」を体得しましょう。

◆恋に恋する恋愛渇望パターン

自身の恋愛経験の少なさから、恋に恋するこじらせ女子も存在します。多くの女子が経験から得た男性の行動への理解力も、彼女にとってはまだまだ体得できているものではありません。だからこそ恋愛の深みにはまり、それでいて強い自意識を保とうとしてこじれた考え方が生まれてきます。彼女の思考に「どう考えたらそんなことになるの?!」とツッコミを入れようが、こじれた考え方に現段階では自覚してもらえません。場数を踏んでも学習しない人もたくさんいるので一概には言えませんが、たくさんの恋愛を経験することでこじれた部分がなくなる可能性もあります。一番、良心的なこじらせ女子のパターンかもしれません。

仕事はできるのに恋愛は下手くそであったり、どこか斜めに同性である女子を見てしまったり。こじらせ女子は自分に自信がないからこそ、周りのことはよく見ていたりします。それは自分のことは見えていないのにも関わらずです。人に考えを押し付けるわけではないのが救いではありますが、勝手に色々なことを考えてしまうこじらせ女子。生きづらいのは自分のせいかもしれない、ということですね。




city_ladies_554540
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)