皆さんにとって九州男児はどういうイメージですか? 先日ネットで見かけた九州男児のイメージは【粗野で乱暴】【男尊女卑】【最低男】という感じでしたね。でも、九州出身の筆者はそんな男を見たことがないんですよね。たぶん、周りの女性も同じように感じていると思います。もちろん九州と言っても広いですから、筆者の育った福岡の男性の話をしたいと思います。ちょっとだけでも九州男児のイメージが良くなるといいな……!

【男は女を守るべきと教わる九州男児】

九州の男は女性に乱暴、男尊女卑と言われますが、実際には女性に手をあげたり、威張り散らしたりする男は男の風上にも置けない、という風に育てられます。男同士の喧嘩はあまり口うるさく言われませんが、男女間の喧嘩だとどうしても男のほうが非難される、それが福岡です。

また、よく女は後ろを下がってついていく、と言われますが、あれは女が下という意味ではなく、進んだ先に危険があったらすぐに女性が逃げられるように男性が前を歩くという意味だそうです。男は女を守ってしかるべし、危害を加えてはいけない、これが福岡の男の基本理念になっています。

【福岡は立派なかかあ天下の県】

福岡の夫婦を見ていると大抵奥さんのほうが強いです。「え?福岡のご夫婦見てるけど、絶対亭主関白よね?」と言ってるアナタ。たぶんアナタはただの客としてしかその夫婦を見ていません。人前では亭主関白のように見せかけてる福岡の夫婦、内情はめっちゃかかあ天下です。

なんでしょう。商売人が多い博多だからでしょうか? 客はもてなさなければいけないという信念なのか、外面と内面の差が激しいです。なので、ホスト役を務めるご主人があからさまに妻の悪口を言うことはないはず。客が帰った後が怖いですから……。

ちなみに熊本出身の筆者の夫両親もそんな感じだったので、熊本ももしかしたらかかあ天下なのかも…!?筆者の前では義父を立てたお義母さんももしかしたら…! 何かやらかしたら家を閉め出されたり、お小遣いを取り上げられたりして、シクシク許しを請うのが福岡の男。悲しいですね。

【確かに一部のイメージも合ってる!】

「女のくせに!」という言葉、これは本当にいう男います。もちろん嫌われますけどね。

福岡に男女の区別があるのは確かです。有名な山笠だって女はごりょんさんとしてしか参加できませんし、有事の際はしゃしゃり出ることは許されません。まあ、女のほうは納得していることのほうが多いのであまり問題にはなりませんが、それが男女差別と言われればそうなのかも。

ただ、福岡の女がそれを甘んじて受け入れているのは、男側が女を下に見ているわけではないのと、普段は同等の扱いを受けているからです。なので、「女のくせに!」という男は福岡であっても歓迎されるとは限らないわけですが、こういうセリフを吐く男性が少なくないのは悲しいことに現実なのです。

【男性差別もある福岡】

反対に「男のくせに!」という言葉も存在しています。男はつまらないことで泣かない、着飾らない、ベラベラ喋らない、そういう固定観念から「男のくせに!」という女性も存在しているのです。男性側からしたらこれも差別でしょうね。もしかしたら福岡人には「男性はこうあるべき」「女性はこうあるべき」という概念があるのかもしれません。中にはそれが窮屈だと思う人もいるでしょうから、少しずつ改善していきたいものですね。

今回ご紹介した九州男児(福岡)はあくまでも筆者の身の回りのことなので「違う!」と感じる人もいるかもしれません。けれど、やはり郷土ごとに傾向というものはあるはずですので、あながち間違ってはないと思います。九州男児は最低!と言われますが、決してそんなことはありません。筆者は、女性を守る優しくたくましい男こそが真の九州男児だと信じています。先入観を捨て、別の観点からも見てあげてくださいね!

女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円【ココナラ】

e2da64771c3df2e3011b0beb72566804_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)