好きな人と話をしたいんだけどなんとなく会話が弾まない…そんな悩みを持ってる人いませんか?異性と話が合わない場合、性差による問題が潜んでいることもあるんですよ!女性と男性の間にある会話の壁を知って上手に話を盛り上げてみましょう!


【結果が大事な男と共感が大事な女】

女同士の会話って、後から振り返っても「何話したっけ?」というくらい中身が薄っぺらいことってありますよね?たとえ重大な悩み話であっても、ダラダラと引き延ばして中途半端な結果で終わることも多いもの。なぜなら女性の会話で一番大切なのは【共感】だから。結果よりも何よりも共感することが大切なので、たとえ有意な結論がでなくても同じ気持ちを味わうことができればそれで良いのです。けれど男性同士の会話はそうではありません。

男性はとにかく結論ありき!「○○の気持ちとかどうでもいいから、結局どういうことなのか簡潔に話してくれ」それが男性の本音なのです。会話の中に何か、有意なものを見つけたい、これが男性のコミュニケーション方法というわけ。ということはつまり、会話に求めるものが違うということですから必然的に、女性同士のノリで話をしていると会話が弾まなくなる…ということです。男性と会話するときは、【目的のある会話】【何か得るものがある会話】を心がけないと、どうしても相手に楽しいと思ってもらえないということになります。


【あなたはどう思う?の問いかけでカレの会話への興味がアップ】

うんうん、わかるー。という共感だけの意味のない会話を嫌う男性は、会話に目的を持たせるだけで食いつきが変わってきます。例えば、「あなたはどう思う?」「どうしたらいいと思う?」といった疑問符を投げかけることで「ああ、自分の意見を聞かれているわけだな」「この答えでどう動くか決めるつもりだな」と判断するわけです。当然、投げかけた質問に答えてもらったら、キチンと受け止めなければいけませんが、上手に受け止めることができれば【この女性との会話は意義があるもの】と判断してくれるようになり、あなたの話に耳を傾けるようになるでしょう。要は、共感以上の何かを求めているわけですね。会話によってもたらされる現実を男性は求めているのです。


【回りくどい表現は苦手!端的にズバッと話そう】

「○○だから、○○できないの~。どうしよう~」なんて後ろ向きな発言、しちゃいますよね。女子が求める答えとしては「そっか~、うんうん、仕方ないよね~」のような共感。でも、先述したように男性は会話に共感なんて最初から求めてません!返ってくる答えはまじめなアドバイスか叱咤激励でしょう。求める答えがあるのなら回りくどい言い回しをせず、はっきり言っちゃいましょう。共感したもらいたいなら「この場合は仕方ないよね?仕方ないって言ってほしい!」って言っちゃったほうがいいです。なにかしてほしいのなら「××して!」欲しいものがあるのなら「あれ欲しいから買って!」うん。カレの方から気が付いてくれたら嬉しいけれど、そんな男はごくごく少数なので、くよくよ悩むくらいなら思い切って言っちゃいましょう。

「どうしてそれくらい判ってくれないの!」
「私がこんなに言ってるのに!」

なんていわれても男のほうからすれば、いきなりのことで戸惑うだけ。ちょっと会話してみて、どうもわかってもらえないと思ったら、お互いのためにも回りくどい表現はやめ、ズバッとハッキリな会話をするべきなのです。男性と女性、同じ人間だけど、思考や行動パターンには差があるのです。その差を理解し、上手に付き合っていくことが、男性とうまくやっていくコツですよ!会話上手な女になってカレと盛り上がっちゃいましょう!




ponte-vecchio-691789_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)