生理前や生理中って体臭がキツくなったりしませんか?生理前や生理中に体臭がきつくなる原因と対策法を知っておきましょう。


●なぜ生理中は体臭がきつくなるのか

生理中は汗や皮脂の分泌が多くなるため、体臭がキツクなります。
また、それに加えて経血とナプキンのムレが合わさってデリケートゾーンから発生するニオイも強くなってしまうのです。汗と皮脂のムレによって雑菌が繁殖し、その結果ニオイを発生させ経血とおりものがまざったのが「体臭」というわけですね。


●体臭がきつくなる前にやっておきたい対策とは

ちなみに、生理中だけじゃなく生理前でも体臭がきつくなります。女性は生理前になると、プロゲステロンというホルモンの分泌が増えるのですが、このホルモンは生理時の体臭に大きな関係性を持っていると言えます。まず、生理前になりプロゲステロンの分泌が増えると体温が上がります。体温が上がると汗をかき、体臭もきつくなるのです。さらに、このホルモンの影響で生理前は皮脂の分泌量も増加するでしょう。過剰に皮脂が参加しますので、さらに体臭が強まります。生理前の体臭を改善する方法としては、生理前に汗と皮脂が増えるのは止めることはできませんので、汗と皮脂をにおわせないようなケアが必要となるのではないかと思います。

①生理前の汗の臭い対策
汗は放っておくと雑菌が繁殖してにおいが強まっていきます。これが体臭の原因です。そのため、汗をかいたらすぐにふき取るようにしましょう。これで体臭はかなり軽減されます。このときには、雑菌効果があるものでふき取ることがポイントです。

②生理前の皮脂の臭い対策
皮脂臭を改善するには、皮脂の酸化を防ぐ(抗酸化作用のある)食べ物を摂取することが何よりも効果的になるでしょう。ビタミンCやビタミンEを多く含む食べ物が抗酸化作用があるとされています。ビタミンCが多い食べ物としては、パプリカ、柿、キウイフルーツ、ゆず、パセリがあり、ビタミンEが多い食べ物としてはあん肝、すじこ、イクラ、たらこ、アーモンドなどが挙げられます。


●生理中の体臭を改善する方法

生理前じゃなく、生理中の体臭を改善するためには、デリケートゾーンのムレと雑菌への対策が必要になるでしょう。デリケートゾーンのムレはナプキンのこまめな交換です。布ナプキンにかえることで、より一層ニオイを軽減させることができますよ。布ナプキンに使われている素材のコットンは、湿気は逃しますが、経血は逃さないように作られていますから蒸れません。デリケートゾーンの雑菌対策としては、やっぱり清潔にするということですね。シャワーやビデをこまめに使って、経血などが残らないように洗い流しましょう。洗いすぎるのではなく、流す感じですね。必要以上に洗いすぎてしまうと、かえって雑菌が繁殖する原因になってしまい、臭いが強くなってしまいます。感染症なども怖いですから、生理中に洗うときは専用の石鹸を使うようにしてください。


●さいごに

清潔にしてニオイ対策をとっているはずなのに、ニオイが強かったり、経血の量が多かったりする場合は、何かしらの病気が隠されていますので、早めの婦人科を受診するようにしてください。後は痛みなどがあった場合も心配ですね。「いつもと違う」と感じることがあったら、それは何かしらの原因が隠されているということですよ。




af7f4ca643311efb03065dbbc4dc7ef9_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)