一人暮らしに慣れてしまった私にとって、大人の実家暮らしは煩わしいものではないのだろうかと思っていましたが、周りの話を聞く限りではそうでもないようですね。家に帰るとご飯が用意してあって、掃除洗濯もお母さんがしてくれるとのことで、一人暮らしでは自分でやらなければいけないことも手を煩わせる必要がないのだとか。

しかし、都市伝説のように「実家暮らしは婚期を逃す」とも言われることもあります。一人暮らしを長引かせたほうがひとり上手をこじらせそうな気もしますが、実際のところはどうなのでしょうか。

◆生活力がないように思われる?

私の場合、家族であれ誰かと暮らすのが煩わしいのですが、寂しさから実家で暮らしている女子も多いようです。その点に関してはお付き合いしている男性ともすんなりと同居できそうな気もしますが、実家暮らしをしていると生活力がないように見られてしまうようです。

実家暮らしというと、大人になっても学生時代と変わらない暮らしをしているイメージが世の中にはあるようです。つまり、家に帰れば夕飯ができあがっていて、汚れ物が洗濯されている。自分が何もしなくとも家事をしてくれる人がいるため、家事などができない印象を持たれてしまいます。更には、金銭的にも甘いようにも思われてしまうようです。

◆楽な方向へ流されやすくなる?

社会では立派な立場についていたとしても、親にとって子供はいつまでも子供です。実家では遠慮せずに暮らすことができますから、自分で家庭を持ちたいという大人の本能を億劫にしてしまうのだとか。いつまでも守られる立場である子供のポジションから脱出できなくなってしまうようです。

また、いずれは一人暮らしをしよう、結婚をしようと考えているうちに、他の人よりもスタートダッシュが少し遅れてしまうようです。結婚していないから実家暮らしをしているのか、実家暮らしをしているから結婚をしていないのか、将来に対する不安から逃れてしまってはいないでしょうか。

◆厚生労働省のデータに出ている?

厚生労働省が発表した「性、年齢階級、親との同居の有無別に見たこの5年間の状況」という調査結果によると、女性の場合21~25歳の結婚率は、実家暮らしが38.7%なのに対して一人暮らしが53%と1.5倍もの差が出ています。26歳〜30歳でも、実家暮らしが28.8%なのに対し一人暮らしが38.2%とまだまだ差が出ています。

しかし、31~35歳になると、実家暮らし25.8%なのに対し、一人暮らしが26.1%とほぼ差はなくなります。とはいえアラサーのうちに結婚したいのが女子の本音でしょうから、実家暮らしである以上は婚期を逃すかもしれないという自覚を持ったほうが良さそうです。




1c3ec59c00806d5f024ccaa41ecc8bd8_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)