PMS(月経前症候群)は病気ではありませんが、症状にはかなり個人差があります。体だけではなく、心の不調もあるので強く出る方にとっては、とてもつらいものです。今回はPMS(月経前症候群)が起こる原因や、少しでも和らげるためのさまざまな工夫をお伝えしていきます。


PMS(月経前症候群)の原因と症状

生理前の一週間くらいから現れる様々な不調のことは、PMS、月経前症候群や月経前緊張症などと呼ばれています。よく生理前になるとイライラしたり、腹痛が起こるなどは聞いた事があると思いますが、症状には個人差がかなりあり、過敏な人や神経質の人に強く現れたりすることが多いようです。また、心、体、行動など現れ方はいろいろで生理前になる度にくり返します。

<主な症状>

・イライラしたり怒りっぽくなる
・無気力、落ち込み、憂うつなど
・頭痛、めまい、肩こり
・腹痛、吐き気、食欲増進や不振
・手足の冷え
・乳房のハリや痛みなどの不快感
・むくみ
・肌荒れ
・下痢や便秘
・疲労感、眠い
・おりものが増える
・性欲減退、増進
・集中力がなくなる

<原因>
排卵が起こった後に、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が過剰になるせいで起こると言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。しかし、閉経後や卵巣摘出後には症状は出ないため、なんらかのことが原因で女性ホルモンのバランスが崩れ、症状が出ているという事ははっきりしています。


婦人科での治療法

通常は生理が始まれば症状が落ち着きますが、なかには寝込んでしまったり、日常生活に支障をきたす場合がありますので、つらい場合は婦人科を受診しましょう。婦人科では症状に合わせて薬が処方されますが、痛み止め、精神安定剤、整腸剤などの他に漢方薬を用いたり、ホルモンバランスを整えるためにピルの処方が行なわれる事もあります。症状にはかなり個人差がありますので、あまり無理をせず早めに相談にいくことと、ストレスや疲れがたまる事で悪化する場合もあるので、十分な休息や睡眠をとることも必要です。


症状を和らげるための工夫

1.リラックスする時間を作る
ぬるめのお湯でゆっくりと入浴する事で、自律神経の副交感神経が優位になり緊張が解けます。心身ともにリラックスできるので、シャワーではなく湯船につかるようにしましょう。アロマテラピーやハーブティーなどの香りの効果も、リラックス&リフレッシュできます。ぜひ取り入れてみてください。

2.カルシウム、鉄分を意識してとる
イライラしたり怒りっぽくなりやすい人は、普段の食事からカルシウムと鉄分を多くとるように気をつけましょう。ミネラル分の不足は、神経を高ぶらせ興奮させるのでイライラしやすくなります。

3.塩分や刺激物は控えめにする
体内の塩分濃度が高くなると、むくみの原因になります。生理前は特にむくみがちなので水分も多めにとり、味付けは薄味にするようにしてください。また、アルコールもむくみやすくなるのでこの時期には控えるようにしましょう。

4.鎮痛剤は早めに飲む
痛みが酷く鎮痛剤を飲む際には、痛くなりすぎてからでは効果が出にくいので、軽い症状のうちに早めに服用するようにしましょう。

5.ストレス解消をする
ストレスを溜めないように、気分転換や好きな事を行なうのがおすすめです。


生理前はやたらと食欲が出る事も多いので、お気に入りのカフェなどで好きなものを食べてみたり、映画や美術館に行ってみたりと好きなことをしてみるのもいいかもしれませんね。

いかかでしたか?生理前の不快な症状は人それぞれですが、とてもつらいものです。毎月のことなので、できれば軽く済ませたいし快適に過ごしたいことでしょう。ただし無理は禁物ですので、決して我慢はしないようにしてくださいね。


女子のおまもりアロマオイル

girl-491623_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)