愛撫やキスなど前戯の時にちゃんと濡れているのに、なぜか挿入するときには濡れていないなんてことありますよね。濡れない悩みを持った人は意外と多いようです。濡れていたのに乾いてしまって、相手になんだか申し訳なくなってしまったりそうなってしまってはどうにもセックスに集中出来なくて空回りしてしまうなんて話も聞きます。今回はこの濡れない原因を紹介したいと思います。


◆悩みやストレス

セックスするときに気持ちが安定しているか安定していないかはとても重要なことになります。そのため、なにか悩み事や考え事、仕事などのストレスが溜まっているとセックスに集中することが出来ず、気付いたときには快感よりも気持ちがどっかへ行ってしまい、乾いてしまっているということがあるようです。濡れないことを隠して相手に申し訳ないと思いながらセックスをするとさらに悩みになってしまい、濡れなくなってしまうことがあります。こういう時は、初めから濡れないかもしれないということを伝えておくのが一番でしょう。相手にも理解してもらったうえでセックスをすると少しリラックスした気持ちでセックスに挑めると思いますよ。


◆緊張している

相手のことをあまり理解していなかったり、付き合い始めてまだ日が浅かったりセックスの経験が少ないとなんだか緊張してしまいますよね。特にセックスの経験が少ないと何をどうすればいいか分からなくなってしまうのも当たり前ですし緊張してしまいますよね。緊張によって乾いてしまっている人は、時間が経てばリラックスできるようになって
自然と濡れることが多いようですよ。焦るよりもまずはリラックスしましょう。


◆食欲や睡眠欲が強い

濡れなくなってから、食欲や睡眠欲が強くなっていませんか?そうなると、性欲が衰えてしまって濡れなくなることもあるそうです。人間の三大欲求のこの三つのうち、どれかを優先させてしまうと人はどれかが衰えてしまうようです。セックスがダイエットに効くというように、性欲が満たされると食欲が減退されたりするように性欲もまた同じことなんです。均等にバランスがとれるようになると自然と濡れるようになると思いますよ。


◆感じていない

一番理由として分かりやすいのではないでしょうか。感じていないともちろん濡れることはないですよね。相手の愛撫が強かったり、少し前戯がかみ合わなかったりすると感じていないので濡れません。でも、相手に申し訳なくて言えない...なんて人もいますよね。そんな時は、手で誘導してみたり小声でささやいてみたり自分の感じるスポットに誘導して分からせてあげるのも大事かもしれません。


セックスで寝れない悩みを持った人は意外と多いものですし、濡れないことが問題なわけではありません。精神的に疲れていたり何か気持ちに理由があって濡れない人など原因は様々です。ですが、少し切り替えるだけでもしかしたら改善されるかもしれませんよ。

コンドーム通販のLOVE MART!

woman-994744_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)