われわれを恋愛から救うものは、理性よりもむしろ多忙である。」とは、芥川龍之介の言葉です。多くの経験をしてきたアラサー女性であれば、腑に落ちる名言ではないでしょうか? いくつになっても恋愛に翻弄されてしまうのが女性です。どうにも思い通りに進まなくなった時は、多忙に身を置いてみてはいかがでしょうか。

◆仕事に打ち込むことで考える隙を与えなくする

私のワーカホリックの友人は、「メンヘラを救うのは多忙」だと言っていました。逆に精神的に消耗してしまいそうな気もしますが、気持ちが落ち込む暇を与えずに目の前のことに取り組むことで、仕事以外のことを考える隙を与えないように自分からしているそうです。そこまでストイックな働き方はしなくても、何かに熱中しているときは余計なことを考えずに済むものですよね。

私たちの生活の中でも多くの時間を割いているのが、仕事だと思います。1日の中でも1週間の中でも、1番時間を費やしているのは仕事ですから、そこに熱中するのが手っ取り早い多忙の手に入れ方ではないでしょうか。成果や報酬も手に入れることができますし、目に見えた結果が出やすいのも特徴です。

◆趣味に打ち込むことで自分の自信を付ける

趣味のある方でしたら、自分の趣味に徹底して時間とお金をかけることも良いでしょう。人に教えられるぐらい、個展を開けるぐらい、自分の中で目標を持って取り組むと更にのめり込めるはずです。もちろん打ち込む趣味は何でも構いません。好きなことの世界にのめり込んでしまいましょう。

人は何かで結果を出したり、人に認められたり、納得のいくまで打ち込むことで自信を手に入れることができます。何で認められたいかは人それぞれですから、なりたい自分になれるような時間の過ごし方をしてみてはいかがでしょうか。

◆恋愛は理性ではコントロールできないもの

恋愛は理性でしていないからこそ、理性でコントロールできるものではないと思います。理性を超えた力を発揮できるのが恋愛の力ではありますが、逆に諸刃の剣でもあります。力の出方によっては自分の身を滅ぼしてしまうような結果を生んでしまうこともあるのです。

自分の内面から湧き上がるものでありながらも、自分を滅ぼしてしまうのでは元も子もないですよね。だからこそ外的な多忙という要因を持って、対処していくしかないのかもしれません。マイナスな気持ちに陥ってしまった時、昇華できるような何かを持っておくことで、より恋愛自体も楽しむことができるのではないでしょうか。

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

erstdftyguhi_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)