彼氏でもない男性のそばへと近寄るのは難しいものですが、好意を持った男性であれば物理的にももっと近づきたいと思いますよね。男性向けの恋愛コラムを読んでいても、距離の近い女子は脈ありサインなんて書かれるぐらいです。一概には言えないため、当たらずとも遠からずといったところでしょうか。

女子にとって好きでもない男性に近寄る、まして触られるのは受け付けないものですが、男性の場合は意外とそうでもないようです。好意を持っていない相手であっても、ちょっと意識してしまうのが女子からのボディタッチなのだそうです。

◆そもそも女子は嫌いな人には触りたくもない

女子としては、そもそも嫌いな人には触りたくもないですよね。変な勘違いをされるのも嫌ですから、なるべく距離を保ち続けることと思います。ただし、あくまで好きというよりは嫌いではない人であれば、ボディタッチができてしまいますよね。その点が男女での触れ合うことの考えの差のようなのです。こちらは意識せずに触ったつもりが、男性にとっては意識してしまう方が多いようです。

◆さり気ないボディタッチが相手を意識させる

つまり、こちらが意識していなくても男性には反応が見られるわけですから、自分の好きな人に対してはボディタッチをしていくのは効果的です。もちろんベタベタと触るのはうざがられてしまいますが、ふとした時にさり気なく触るのがポイントになってきます。

意識するとできなくなってしまうのが人間ですが、いつも同性の友達にしているようなボディタッチで構いません。日常的に「お疲れ!」と肩を叩いたり、「髪の毛キレイ」なんて髪を触ったりしているはずです。そのぐらいの気軽さで構いません。

◆相手と場所を選ばないと軽い女に見られる?

気になる彼以外にも触るようでは軽い女の子に見られてしまいますから、彼だけに限定してボディタッチはしましょう。こっちはドギマギしながら触っているのに、小悪魔な印象を持たれるのは悲しいですよね。また、大勢でいる時よりも彼とふたりきりの状況で触るのが望ましいでしょう。

また、触るだけでなく近寄ることや目を合わせることも大切です。距離を近づけることでパーソナルスペースが縮まり、親密度が上がるとされています。できればで構いませんが、ここで彼が逃げないようであれば嫌われてはいないと言えるでしょう。

女子にとって意識しないでもできることだからこそ、好意のある相手には積極的に使っていきたいものです。何とも思っていない人に触られるのが嫌な女子とは違って、男性は触れられることがそこまで嫌でもなく、逆に意識するようですから、さり気なくボディタッチしてみてくださいね。




couple_2_560114
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)