あなたの周りに「付き合った彼女がメンヘラばかり」と語る男性はいませんか? メンヘラという言葉が定着した今だからこそ嘲笑的、自虐的に話しているのだとは思いますが、彼らが語る彼女たちは本当にメンヘラなのでしょうか。

◆女子はメンヘラを経て大人の女性になる

今までの恋愛を振り返ってみた時、彼氏への思いが募りすぎて長文メールを送ってみたり、真夜中に電話をかけてみたり。女性であれば1度は付き合っている相手に対して、今考えるとドン引きしてしまうような振り切れた態度を取った経験があるはずです。理性で考えればあり得ないような感情的な行動は、恋愛であれば飛び出すことだってあるでしょう。

若い頃に恋愛に夢中になった経験があるからこそ、今となって大人の恋愛を楽しめるのだと思います。今であれば真夜中に急に彼の家を訪れてみたり、毎日の連絡を要求したりはしないはずです。なぜなら自分の生活もありますし、恋愛に対する執着が薄れるからです。

◆メンヘラ認定をするのは女子らしさの一端を見たから?

今でこそ恋愛に執着するような態度は出ませんが、たとえば生理前など不安定になりがちな時に女々しい一端を見せることは誰でもあるでしょう。しかし、それはごく限られたタイミングのごく一部であるはずです。彼女のことをメンヘラ認定する男性にとって、そこをメンヘラだと認識してしまうのではないでしょうか。

どんなカップルであっても別れ際ともなると、恋愛の中で煩わしさや不満の方が出てきやすいと思います。もちろん円満で別れることもありますが、別れに至るということはこれ以上うまくやっていける見込みがないからですよね。その中で嫌なことを思い出して「彼女はメンヘラだった」となるのではないでしょうか。

◆女子をメンヘラに作り出す「メンヘラメーカー」

更には、彼の対応によっては、付き合っている女性が不安になってしまうこともあります。そこから女性がメンヘラ気味に陥ってしまうこともあるでしょう。つまり、メンヘラが寄って来ているのではなく、男性自体がメンヘラを作り出している可能性もあるのです。彼女をメンヘラにさせてしまう「メンヘラメーカー」である場合も少なくないはずです。

女性は多くの恋愛を経て、自身のメンヘラから卒業、そしてメンヘラメーカーからも卒業していくのではないでしょうか。恋愛での辛い部分から楽しい部分へと目を向けることで執着から離れていくのだと思います。いくつになっても恋愛は相手のあることですから、一言では言い尽せません。しかし、自分のためになるようなお付き合いの仕方をしていきたいものですよね。



yuka16011240IMG_5770_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)