女性の社会進出に伴って、晩婚化や高齢出産が増えてきました。女性が活躍する世の中なのは良いのですが、その陰で子供を持てなくなってしまった女性も増えてきているのです。特に近年、様々な美容法のおかげで、いつまでも自分は若い、美しさは保てると思い込んでしまい、自分の老いに気づかない女性が多く、結婚後、不妊治療で初めてその事実に気が付くケースが後を絶ちません。

どんなに若く見えても体内の年齢はどんどん進んでいます。当然卵子だってその女性の年齢と同じだけ年を取っているのです。老化してしまった卵子は受精能力も下がりますし、運よく受精できても今度は子宮の老化により着床できなり、結局子どもができにくい体になってしまっているのです。

また、障害を持つ子供の出生率も20代より30代、30代より40代で飛躍的に上がります。これもまた、老化した卵子の影響は否めません。そういう事情により、たとえ不妊治療に踏み切ったとしても、若いころに比べ成果が出にくく、子供を持てないまま終わってしまうケースもよくあります。

「なんでもっと若い時に言ってくれなかったの!」「知ってたら早めに子ども産んでた!」という人も多いでしょう。これは、数年前までこういった話はデリケートな話だ、世論の反発にあう、という風潮があり、あまり大きな声では言えなかったというのも原因の一つかもしれません。ですが、そうやって知らないまま妊娠適齢期を過ぎてしまい後悔している女性が多く存在する以上、キチンと現実は伝えていかなければいけないのではないかと思います。

【妊娠適齢期は18.9歳~28歳くらいまで】

個人差はありますが、女性が妊娠しやすく出産が楽な妊娠適齢期は、個人差がありますが18歳くらいから28歳くらいまでです。30を超えるとどんどん受精率は下がっていきますし、35を過ぎると遺伝的な障害が発現する確率も跳ね上がってきます。また、妊娠できたとしても、高齢になればなるほど妊娠中毒症や出産時のトラブル、産後の予後悪化などのリスクが高まるため、経過観察が大切になってきます。子供を望む場合、できるだけ早めに産んでおくことが理想とされるのです。

【卵子凍結が解決のカギになるかも】

今、卵子を凍結する技術が開発され、いつか生める時が来たら使いたいと、若い女性たちが良い状態の卵子を預けています。けれど、まだまだこのサービスを行っている病院は少なく、技術が確立されたとは言い難いため、解凍された卵子が老化した女性の体内できちんと受精するのか、また、卵子に欠損は起こらないのかなどいろんな議論が残されています。

産みたいけれど今は産めないという女性たちにとっては最後の頼みの綱です。この技術が注目されていることこそ、女性たちが悩んでいるという証拠になるでしょう。

【キャリアか子どもかを迫られる女性たち】

子供を産んだら第一線から外される、妊娠したら退職しなければならない、バリバリ仕事を頑張る女性たちにとって、この現実はとてもつらいものです。なので、子供をもつことにためらいを持ってしまうのは当然だろうと思います。特に永久雇用制度が崩壊し、夫となる男性が永遠に稼いでくれるとは限らない現代日本で、女性が職を手放すのは賢明とは言えませんので、妊娠のタイミングを計りづらいというのが現実問題として存在しているのです。

これは制度の問題でもあり、われわれが声を上げ続けていかなければならない事ではないかと思っています。女性が妊娠適齢期に妊娠することが出来ない社会制度は、未来の日本を作るうえで悪影響しか及ぼしません。子供を出産しても母親が再就職できる、元の職場に戻りやすいということが当たり前の世の中になるといいですね。



39ae25b830c730d2c6aa41f3e1f9cfcf_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)