大人になるにつれて、恋愛に対してときめきや刺激よりも、安定や心の落ち着きを求めようになります。一緒にいて楽しい人が好きだったのに、一緒にいると落ち着く人を選ぶようになったり、話題が尽きない人から無言でも過ごせる人を選ぶようになったり。アラサーの恋愛には「結婚」の2文字もちらつきますから、人生をともに過ごせるような人を見極めるようになってくるのでしょうか。

◆毎日が刺激ばかりでも飽きてしまう?

どんなに新鮮なことでも日に日に色あせてしまうように、刺激が毎日のように続くのはいずれ飽きる日がやってきます。美味しい料理も好きな料理も、ずっと食べていると飽きてしまうのと同じです。常に与えられているのでは、ありがたみも薄れてきますよね。

更には、年齢を重ねるほど新鮮なものも減ってきますから、より普遍的な安定したものを選ぼうとするのかもしれません。刺激を求めるよりも、疲れないものを次第に好むようになってくるのです。日本人の主食であるごはん自体には特徴のある味を求めないのと同じことかもしれません。ごはんぐらい普遍性のある彼と味のある人生を楽しみたいと思うのかもしれませんね。

◆刺激は誰からでも得られるが、安定となると難しい

日常では得られないこと、ちょっと変わったことが刺激となりますから、刺激は誰から得ても新鮮に感じるはずです。つまり、一人に絞ってしまう必要はありませんよね。例えば、彼氏がいないのであれば、この場所には○○君と行きたい、焼き肉は××さんがおごってくれそうだな、と場面と状況に合わせて人を選んでも良いと思います。

しかし、安定を与えてくれる人や落ち着いて一緒にいられる人というのは得難いものです。多くのアラサー女子がそれなりにデートする相手や口説いてくる相手がいると思います。しかし、その誰もに対して安定を得られるかというと、そんなことはありませんよね。自分のままでいられたり、価値観が合ったりする相手というのは貴重です。

◆それでも恋愛現役選手がいるのもアラサー

多くの女子が恋愛のルート変更をしていく中で、現役バリバリに恋愛を楽しんでいる人もいるのがアラサーという年代だと思います。学生である彼がいたり、外国人と付き合ってみたりと刺激を求めた恋愛をしている人も決して少なくはありません。それはそれで楽しいことなので間違ってはいませんよね。

恋愛に刺激を求めて自分のペースを乱されていた時代を経て、大人になり次第に女子は安定と普遍性を求めるのだと思います。気持ちが揺さぶられるようなことよりも、安らぐものを選ぶようになっていくのは、より現実を求めていくからでしょうか。




adarve_wall_sunset
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)