彼と二人で話をしている時、話を聞いてくれているようでも実は上の空だったり、もしかして不機嫌なのかな? など感じたりしたことはありませんか?目の動きなどからも相手の心理状態はわかりますが、無意識の手の動きに現れることも多いと言われています。今回は、手の動きやくせなどから、彼が今どんな心理状態なのかをお伝えしていきます。ぜひデートの際にチェックしてみてくださいね!

<手の動きからわかる心理状態の解説>

・指を広げている、手のひらを見せている

テーブルの上などに自然な感じで手を置いている時、手を握りしめたりせず指を広げたり、手の平を見せている場合は、とてもリラックスしている状態です。あなたの事を信頼して心を開いているので、一緒の時間をくつろいでいるのでしょうね。

・手を握っている

軽く握っている程度なら、あなたのことに興味を示している証拠なので、そのまま会話を続けても大丈夫です。しかし、ギュッとこぶしをつくっているように強く握りしめている時には、話しを聞きたくない時や、イライラしている証拠なので、早めに切り上げる方が良いでしょう。また、腕組みをしていたら、かなり警戒心が強まっています。

・テーブルをたたいたり、小物を触ったりしている

テーブルをトントンたたいてみたり、そばにおいている小物などを触り出したりする時は、かなりイライラしていますし、退屈な証拠です。あなたの事には興味がないのかもしれませんね。

・手をずっと動かしている

手を何度も握ったり離したりする他、手の組み方を変えるなど、落ち着きがない手の動きを見せている時には、何かを一生懸命考えている証拠です。この時の脳はフル回転をしています。

・鼻を触っている

話を聞きながら自分の鼻に手をやったりしてしきりに触るのは、あなたのことを疑っているのかもしれません。また、自分自身がウソをついている可能性もあります。

・あごを触っている

あごに手をやるのは、自分自身を守るための防御のサインです。かなり慎重になっていると思われますので、少しリラックスできるような話しを先にしてあげるといいですね。

・頭をかいたり、触ったりする

何か困ったことがある時には、無意識に頭をかいたりしてしまいます。照れくささや恥ずかしさがある時も同じような動きになり、特に後頭部になるほど、あなたの事を意識していたり、好意を持っていたりする可能性が高まります。しかし、髪の毛をひんぱんに触る人の場合は、甘えん坊さんで自己愛が強い人の場合があり、自分の体を触る場合は不安や怖さを感じている場合があります。

・手を見せない

テーブルの下に手を隠していたり、体の後ろに手を回して見えないようにしたりする場合は、警戒心が強い証拠です。また、ポケットに手を入れている場合や、バッグを常に抱えているような時も同じです。

・頭の後ろで手を組んでいる

相手の事を見下している、優越感を感じている時に見せるポーズです。上から目線でしゃべる人には多くみられます。しかし、自分ひとりでいる時のポーズは、リラックスしてのんびりしている証拠です。

・頬杖をついている

かなり退屈しているみたいです。ぼんやりとしている場合も多いので、話はあまり耳に入っていない事が多くあります。また、頬杖は自分自身で自分をなぐさめている「自己親密行動」のひとつといわれており、ひとりでいる時に頬杖をついているのは、さみしいことやつらいことがあるのかもしれません。

いかかでしたか? 手の動作というのは、動きも大きくとても目立ちます。視線ではわかりづらい時でも、手の動きを見れば、わかる事が多いので、相手の気持ちを確かめてみたい時には、ぜひ観察してみてくださいね。


business_man_hand_513590
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)