恋愛や片思いをしている時って、お互いなんだか聞けないことや言えないことってありますよね。特に男子はプライドが高く、なかなか女子に言えないことって意外と多いんです。好きな女子には尚更、恥ずかしいと思っていることは言えなかったりするものなんです。そんな今回は、男子が言えない恋愛での本音を紹介したいと思います。
片思いでも、付き合っていても言えていない本音があるかもしれないので、これを機に男子の本音を気にしてみるのもいいかもしれませんよ。


◆お金がなくても絶対に言わない。

女子に対して、お金がないと言えないのが男子の本音です。特に好きな女子に対しては絶対に言えません。カッコいいと思われたい一心でそうなってしまう人が多いようです。男子の考えとして、お金がない=かっこ悪いというイメージがついてしまっているのもあるようで、デートに行くとなってもどうしてもお金がないとは言えないようです。ある意味、「今日は割り勘」などお金に関してシビアなことを言っている男子は興味がないという意味でもあるのかもしれませんね。


◆本心的に熱しやすく冷めやすい。

初めのうちは男子ってなんだか積極的ですよね。好きと言ってくれたり、積極的にアプローチしてくれたりしますよね。だけど、付き合ってから月日が経つとなんだか冷めている感じがしたり、あまり好きとも言ってくれなくなったりしたことあると思います。実は口では言いませんが、実際男子の気持ちは冷めていることが多いんです。好きじゃなくなったとかの意味ではないんですが、これと言って燃え上がるほどの恋愛に発展しなくなるようです。男子が一番恋愛で燃えている時は、付き合う前なんです。なので、付き合った後は少し冷めたような感じになるようです。


◆連絡はマメにしたくはない。

連絡はマメにしたくなってしまうのが女子ですよね。不安にもなるし、離れている時間でも繋がっていたいという意味でも連絡は取っておきたいものですよね。ですが、男子はそういうことはあまり気にしていません。なので、連絡は個人的に返そうと思った時にしか返したくないというのが本音のようです。ですが、好きな人にはゾッコンになる人が多いので、女子に合わせてすぐ連絡を取るようです。ということは、あまり連絡が帰ってこないということはあまり思われていないということかもしれませんね。


◆好きな人ほど冷たくしてしまう。

なんだか好きな人から、急に素っ気ない態度を取られたことないですか?嫌われたかな...なんて思う人も多いと思いますが、そういう意味ではありません。昔から嫌よ嫌よも好きのうちと言うように、潜在的に気になっている人に対して、素っ気なかったり不愛想になったりする傾向があるようです。素っ気ないし嫌われているからと勘違いして諦めるのはもったいないですよ。むしろチャンスかもしれないです。特に、目が凄く合うなんて時はかなり脈アリのチャンスですよ。


本当は好きなのに、素っ気なくしたりお金は無いけど見栄を張ったりとなんだか少々子供のように感じるかもしれませんが、男子も素直になれないだけなんです。素直に気持ちが言えたら苦労はしないんですけどね。(笑)
ただ、この素直な気持ちを知った上で仲良くなれば、今まで見えてこなかったものも見えてくるかもしれませんよ。

驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

couple-597174_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)