嫉妬にやきもち、恋愛にはつきものです。付き合っているか片思いかはあまり関係ありません。もちろん恋愛以外にも、嫉妬心を感じることは男女問わず、誰にでもあるでしょう。今回は、嫉妬を感じた時の心の内側や理由などについて考えていきます。嫉妬心が強すぎて、トラブルを経験された方や困っている方には、きっと役に立つはずですよ。

嫉妬を感じる瞬間

嫉妬を感じる瞬間は様々なパターンがありますが、必ずしも好きな相手にだけ感じるものではありません。好きな人に関しては、その人の事を独り占めしたい、手に入れたいと思っているので、あなた以外の女性と仲良くしていたり、そばにいたりするだけでも嫉妬を感じますよね?

その他にたとえ好きな人ではなくても、自分にはないものを相手が持っていたり、敗北感を味わったりしたときなどにも感じます。更には、一緒にいるとみじめな気持ちを感じた時や、怒り、うらみ、傷つけられたなどの時にも嫉妬心は生まれます。特に、相手に対して依存心が強い時には、嫉妬心も倍増するようです。

<嫉妬の種類>

・相手を独り占め(束縛)したい時
・相手の気持ちをなんとしても手に入れたい時
・相手に無視されたり、拒絶されたりした時
・自分とは違うと感じる、自分にはないものを持っている時
・相手の事をうらやましいと感じた時
・みじめな気持ちを感じた時
・怒りやうらみなどの感情がわき起こった時
・相手に傷つけられたりして悲しみやつらさを感じる時

なぜ嫉妬心がわくのか?

嫉妬心というのは、相手がいるからこそ生まれる感情です。誰かと比較してしまうことで感じることや、相手からの影響を受けることで生まれます。嫉妬を感じている時には、相手に対して「くやしい」「自分の方が負けている」「みじめだ」など相手よりも自分の方を下に見てしまい、自分自身の価値を認められないような状態になっています。

嫉妬を感じやすい人は、常に自信がなく自分自身の価値に対して不安を感じている場合が多く、何に対しても白黒をはっきりつけたがり、勝ち負けでしか自分や相手の価値を判断ができないのです。軽いものなら、愛情表現のひとつとして有効的なのですが、度を過ぎた嫉妬心は相手に不快感を与えてしまいますし、逆に嫌われてしまうので注意が必要です。なかには、エスカレートしてストーカーになってしまう人もいます。

恋愛に嫉妬心が強い人の特徴

特に恋愛において嫉妬心が強すぎる人の特徴は、

・ネガティブ思考(自分の価値に不安がありすぎる、好かれているのかが不安)
・負けず嫌い(勝敗にとにかくこだわる、自分の方が相手より優れていると思う)
・プライドが高く見栄っ張り(自分が浮気をされるなんて許せない)
・自尊心が高い(自分の方が愛情の度合いが深いはずと信じている)

とにかく相手に対して負けたくない! と感じすぎる人が嫉妬深いようです。嫉妬深くなりすぎると、常に相手の行動が気になるので、メールや電話の回数が増える他、相手が何をしているのか? 誰といるのか? など、細かくチェックしてしまいます。

エスカレートしてしまうと、携帯をこっそりみてしまったり、待ち伏せをしたりと愛情とは言えないような行動に出るようになったりしてしまうので、自分が嫉妬深すぎると感じる場合は、自分自信を見つめ直して気をつけなくてはいけませんね。嫉妬心は愛情ではありませんから……。

いかかでしたか?嫉妬ややきもちをうまく利用することは、相手の心を振り向かせたりするための恋愛のスパイスにもなりますが、大きくなりすぎると大変なことになってしまいます。嫉妬心を愛情と勘違いをしている方も多いのですが、決して愛情ではありませんし、人と比べても何ひとつ良い事はないのです。どうぞ心を大らかに持って、自分自身はもちろんですが、相手のことも信じてあげてくださいね!

驚愕の縁結び成就率!当たる本格電話占い霊場天扉

yuka16011214IMG_5678_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)