一目惚れをしたことがありますか?個人差はあるでしょうが、しょっちゅう一目惚ればかりする人と全くしないと言う人もいますよね。しかし、ひとめぼれから恋に発展したり結婚したという話は、案外身近によく聞くと思います。今回は一目惚れがなぜ起こるのか?という理由について、一般的な仮説を交えながらお伝えしていきますね。


◆一目惚れが起こるメカニズム

一目惚れが起こる理由は、科学的には証明されてはいませんが、実際には瞳を見ただけでドキッとして恋に落ちてしまったり、忘れられなくなったりすることはよくあります。しかし、初めて会った人になぜ一瞬でときめくのでしょうか?

基本的な理由として

1.錯覚によるもの
2.自分と顔などが似ている場合
3.遺伝子の違い

などが仮説としてあげられています。

<錯覚により起こる場合>
初めて会った人に対して、自分の理想のタイプとどこかひとつでも似たところがあると、脳は全てが理想と一致したと断定してしまいます。実は勘違いで錯覚を起こしているだけなのですが、理想の人が好きな人と思い込んでいるので勘違いをしてしまうのです。一瞬で熱くときめいてしまっていますし、その時はあまりよくわからず悪い部分などは見えていないので、時間とともに冷めてしまう場合も多くあるようです。もしかしたら、その場合の一目惚れは勘違いなのかもしれませんね。一目惚れ勘違いの場合は、錯覚が冷めた途端にスッと消えてしまうようですが・・・。

<顔の特徴やパーツが似ている場合>
これは認知心理学からの考えなのですが、人は誰でも顔の特徴や部分的な形(目、鼻、口)が自分によく似ていると、親近感を覚えてしまいます。そのため、身体的な魅力(容姿)が自分によく似ている人を好きになる事が多いのです。(マッチング仮説)また、自分よりも容姿があまりにも優れている異性を心の奥では恐れています。これは相手に拒否されるのが怖いという本能によるものです。だから、似た者同士のカップルが多いのでしょうね。

<遺伝子の違いによる場合>
人間には本能で子孫繁栄の欲求があると言われています。特に、女性は嗅覚で遺伝子を読み取る力が優れているので、ひとめ会った瞬間に男性ホルモンやフェロモンなど、目には見えない部分から感じ取る事ができるのです。また、生物が優れた遺伝子を残していくためには、自分とはもっとも違うとされる遺伝子と交配した方が免疫力が高まり、環境適応力が備わるのでより生存に有利になると言われていますが、この遺伝子を嗅ぎ分ける本能は女性の方が優れているようです。そのため、遺伝子レベルで「この人だ!」と感じてしまうのでひとめぼれしてしまいます。


◆一目惚れの恋の成功率

一目惚れにより付き合い出した場合、その70%近くが長期間続いたり、結婚に至ったりしているというアメリカの調査報告もあるようです。またその後の離婚率もとても少ないので、あながちひとめぼれからの恋愛も見過ごせない部分があります。一目惚れは、理屈ではなく本能的な部分が大きいので、最初の良い印象が脳にインプットされてしまいます。そのため、よほどの事がない限り悪いイメージには変わらないのかもしれませんね。また、自分に似ていたり遺伝子で嗅ぎ分けていたとしたらなおさらです。直感を信じて、一目惚れの恋を大切にするときっとうまくいきますよ。


いかかでしたか?一目惚れには、ちゃんと理由があるということがおわかりいただけましたか?一目惚れにより視覚や嗅覚から感じる情報は、脳に強いイメージを与えるので「ビビっときた!」などと表現されるのでしょう。チャンスがあれば、ぜひ一目惚れの力を信じてみてくださいね。


驚愕の縁結び成就率!当たる本格電話占い霊場天扉

maldives-698501_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)