はじめは男性として意識していなくとも、不思議と居心地の良さを感じる男性がいるものです。それは彼の気の使い方であったり、コミュニケーション能力であったり、第一印象では伝わらないことが理由ではないでしょうか。結果として恋愛には発展しないとしても、「また会いたい」と思われる異性というのはどんな人なのでしょうか。

◆近づいたり遠ざかったり、距離感が上手

武芸でいうところの、「間合い」というやつでしょうか。いわゆるモテる男女は、相手との距離感をコントロールすることに長けています。相手が触れてほしくない部分には触れず、お互いが共感できる部分や聞いて欲しい部分には上手に踏み込んできます。更にモテ女であれば、ボディタッチなど物理的な間合いの取り方にも長けていますよね。

これは相手のことをよく見ているからこそできる行動ではないでしょうか。大勢でもふたりきりでも人のことを観察して、表情や語気などから距離を測定しているのだと思います。こちらから歩み寄らず間合いを保ち続けることのほうが簡単ではありますが、仲良くなるためには心地よい距離感が大切だと思います。

◆まさに求めていたドンズバの言葉をくれる

自分の考えていることや思っていることでも、漠然とした思いのままに言語化していないことってありませんか? 例えば、お部屋を掃除するのが好きだとしたら、掃除すること自体よりも掃除することで気持ちが良くなるのが好きなはずです。例えのセンスがアレですが、ちょっとした「気付き」を与えてくれる言葉をくれる人って素敵だと思います。

更には、自分の思ってもみなかった意見を持っていて、新しい価値基準を与えてくれる人も興味を持てる存在ではないでしょうか。こちらの場合もハッとさせてくれる存在ですから、何か悩んでいる時に相談したくなったり、意見を欲しくなったりと「会いたい」と思うはずです。

また、相手に合わせた言葉遣いや言葉のチョイスができるのも大切なことだと思います。伝えたい相手にとってわかりやすいたとえ話などを混じえて、相手の身の回りのものに落としこんで話を伝えられる人というのは共感力の強い人だと思います。

◆モテに性別は関係ない? 男女問わずモテる人

人に対する気遣いや相手のことを読むことは、モテるための小手先のテクニックを超えると思います。相手にとって気持良く過ごしてもらうための「おもてなし」ができる人は、男女問わずしてまた会いたくなる人なのではないでしょうか。心地よい人というのは、誰にでも愛される存在だと思います。

もちろん、とっつきやすいモテテクというのは、すぐに効果が出やすいものだと思います。しかし、雑魚モテしてしまうのは誰でも嫌なはずですから、人間関係の本質を掴むこと、そして本質を掴める人とお付き合いしていくことが大切なのではないでしょうか。



cold_love_515701
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)