お付き合いに発展せず体の関係だけで終わってしまったり、継続した関係はあっても彼氏彼女ではなかったり、彼との約束されていない仲について悩む女子は多いのではないでしょうか。しつこく言ったら嫌われてしまうかもしれないし、今のままの関係はもっと嫌だし……彼にうまく伝えることができず、二の足を踏んでしまうものです。

◆女子は嫌いな相手とはセックスしないはず

恋愛感情抜きでセックスはできてしまうものではありますが、誰だって関係をもつことで情が移ってしまうものではないでしょうか。女子は無意識のうちに彼を選んでいますから、嫌いな相手とはセックスできないはずです。気持ちが表面化するのが事後なだけであって、最初から選んだ相手と行為に及んでいるのです。つまり、セックスをして好きになるというより、好きだからセックスをしているということです。

物質的にも彼のものを受け入れているわけですから、女子が受け身になるのも文字通りのことですよね。選ばれたい、求められたいと願うばかりで行動できずにいるのも、しょうがないことだと思います。それは、嫌われたくないと思うからこそ、白黒はっきりさせるような行動には移せないからではないでしょうか。かといって、そのままも嫌だからこそ焦れったいものであるはずです。

◆心と体が連動してしまって割り切ることができない

もちろん特定の誰かと付き合うことをせず、あえてセックスだけの関係を持っている女性もいます。しかし、多くの女性に当てはまることではなく、肉食系彼女には雄々しさや男性的な考えを感じますよね。多くの女性がセックスに関してウェットに考えていて、心と体を割りきって考えることができないのではないでしょうか。

男性が性欲を満たすためにセックスをすることはあっても、女子が性欲を満たすためだけにセックスをすることは少ないと思います。食べることであったりお買い物であったり、欲求の発散が上手なのが女子ですから、特に性欲に関して欲求不満な状態はレアケースであるはずです。

◆ヤリチンとビッチでは世間の扱いが全然ちがう

男性は不特定多数の人とセックスしても大きな問題にはなりませんが、女子の場合アバズレだったりビッチだったり良い印象は確実に持たれません。もちろん男女問わず良い印象ではないですが、男性のそれとは比べ物にはなりませんよね。女子がセックスに対して被害者意識を持ってしまうのは、世間での扱いの違いが産んだのではないでしょうか。

しかし、だからといって自分で自分を傷つけることはしなくても良いと思います。その時のセックスが満たされるものであったならば、それはそれで良かったとするべきではないでしょうか。その後の関係や今の関係が思い通りにならなかったとしても、その時はお互いの同意のもと幸せだったはずなのです。

世の中の動きとして、働く場所であったり趣味であったり、女子が活躍できる場所はどんどん増えています。だったら尚更、セックスに関してもおおらかになるべきではないでしょうか。もちろん恋愛と連動したものであることに越したことはありませんが、思い詰めるまでのことでもないと思うのです。理屈で片付けられないことだからこそ思い悩むものですが、心の傷だと思う必要はないのです。




girl_photoshoot_park
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)