「いつか王子様が迎えに来てくれる」というのがシンデレラコンプレックスですが、結婚適齢期であるアラサーも陥りやすい傾向があります。多くの恋愛を経てなお、どうしてシンデレラコンプレックスになってしまうのか?アラサー独女の心の内を探ってみましょう。

◆理想と現実のギャップは理解している

多くの女子が、数々の恋愛を経て、理想と現実のギャップを理解しています。自分の理想通りの男性、展開、お付き合いの仕方など、全てがうまくいくわけではないことを誰もが気付いています。しかし、だからこそ運命の相手である男性を求めてしまうのではないでしょうか。非の打ち所のない王子様というよりは、いそうでいないリアリティある理想像といったところでしょうか。かゆいところに手が届く男性を求めてしまうのです。

鼻息荒く婚活をする女子、漠然としたイメージだけがある女子、結婚について考えていないアラサー独女はいないのではないでしょうか。「結婚願望がない」なんて公言している人も、かえって結婚に対する意識が高く感じられます。どうにも今の年頃になると「結婚」という言葉がちらつくようになるからですよね。

◆相手に依存しない恋愛スタイルを

シンデレラコンプレックスの問題となるのは、「外から来る何者かが自分の人生を変えてくれるのを待ち続けている」という点です。つまり、運命の相手となる男性に依存した願望であることがわかります。理想の相手自体が訪れないことや、少しでも理想と違った行動をとる男性について、全てを相手のせいにしてしまうのではなく、本来であれば自分の力で恋愛できるのがアラサーの恋愛力であるはずです。

恋愛は、相手に幸せにしてもらうのではなく、自ら幸せになるぐらいの気持ちが大切です。何事も他力本願では、求めた結果を得られないことから勝手にがっかりもしてしまいます。相手に依存するのではなく、自分の力で幸せを手に入れてください。

◆焦らずに自分の恋愛観と向き合ってみる

仕事ではバリバリと活躍する機会を与えられ、水を得たように活躍する女子が多いものです。女子の男性化というよりは、もともと潜在的に存在しているポテンシャルを十分に発揮できているのだと思います。得られた機会を上手に活かすことができるのも、女子の器用さなのでしょう。

多くのアラサー独女が、仕事ではうまく自立して日々の生活を送っていることと思います。だからこそオンとオフで甘えられる男性というのを求めてしまうのかもしれませんが、仕事を自力で手に入れたり、環境を整えてきたりできたのだからこそ、能動的に恋愛や結婚を楽しんでほしいと思います。男性が人生を変えてくれるのではなく、お互いの価値観を塗り替えられるような共存をしていきたいものですね。




wedding_ukraine_national_514442
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)