アラサーともなると、数々の恋愛を経験していることと思います。尽くす尽くされる、追う追われる、同じような恋愛を繰り返している方もいらっしゃるとは思いますが、多くの方が色んな立場を恋愛の中で経験済みだと思います。そのためか、年を重ね次第に好みに幅が出てくるのは私だけでしょうか? この人にはこんな良いところがある、あの人のあの価値観は共感できる、人への許容できる範囲が広がると言えば良いでしょうか。恋愛としてなのか人間としてなのか好感を持てる人が増えた気がするのです。

◆いわゆる肉食男子は一緒にいて気持ちがいい

こじらせ女子ど真ん中を突き進んできた私にとって、モテる肉食男子に女の子扱いされるのが実は苦手でした。恐らくこじらせ女子の多くが、女の子として扱われることに違和感を覚えてしまうのではないでしょうか。まして彼らは好きでもない相手に対しても、さらりと身のこなしができています。恋愛関係でもないのに、女子としてのステージに上げられているような気がしてとまどいがあったものです。

しかし、ある程度の年齢を経て、変なこじらせ感度というのが薄まってきました。肉食男子というのは、一緒にいて気持ちの良い存在だと感じています。人間関係と空気をよく読み、的確に人と接することができる彼らに、今では一目置いています。かゆいところに手が届く人当たりに、大人の接し方というのを感じてしまうのです。

◆草食男子は物足りないくらいがちょうど良い

一方で草食男子の魅力は、肉食男子と比べた時の物足りなさではないでしょうか。一緒にはいてくれる、でも何もしてくれるわけでもない。実際、その関係でも成立するのであれば何も問題ありません。気を使われない分、気を使わずに済みますし、そこから穏やかな居心地の良さが生まれるのだと思います。草食男子は女子をリードしてくれるわけではありませんが、そっとあなたのそばに歩み寄るに長けています。

年齢を重ねてアラサーともなると、考え方の方向性や時間の使い方に自分の色が出てくるものだと思います。もちろん、相手に合わせることはできますが、そのままの価値観でいられる方が何よりも楽ですよね。人間関係を考えた時、ありのままではいけないことをわかっているからこそ、自分のままでいられる人というのは得難いものだと思います。

肉食男子、草食男子、どちらにしても、自分を尊重してくれる相手というのが、素敵な男性だと思います。アプローチの仕方は異なってはいても、ほどよい距離感を演出してくれる人を選ぶのが良いのではないでしょうか。お互いの価値観を削りあうのではなく、お互いを尊重しあえる関係が理想ですよね。もちろんそのためには、女子としても男性を思いやる心も大切なのです。



young_love_565019

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)