相手とのコミュニケーションを通して感情が揺り動かされることで、恋愛感情というものは生まれます。その恋愛感情の中でも、「好き」「愛してる」「惚れる」といった言葉は、簡単に一括りにできるものではないような気がします。それぞれの言葉からは、どんなものが湧き上がってくるのか少しお話したいと思います。

◆相手を好きになるのは「刺激」を受けるから

人を好きになるということは恋愛に限らずとも、知的好奇心を刺激されるからだと思います。相手のことをもっと知りたい、もっと関わってみたいと思えるのが、「好きな人」ではないでしょうか。自分にはない考えを持っていそうだったり、逆に共感できる部分がありそうだったりと、自分にプラスの影響がありそうな人のことだと思います。そこから人は「わくわく」することができますから、相手を好きになることで「刺激」を得られるのではないでしょうか。

◆相手に惚れ込めるのは「敬意」があるから

自分の想定を超えた考えや価値観に、心を撃ちぬかれたような感覚を覚えるのが、「惚れた人」ではないでしょうか。いつだって自分の予想をはるかに超えてきますから、惚れた相手には頭が上がらないはずです。それは最初から一目惚れをしてしまったり、その人の価値観に触れてじわじわと好きになっていったり、惚れ方には様々なパターンがあります。盲目的に崇拝の対象となりやすいため、相手に惚れ込むことで、「敬意」が生まれると思います。

◆相手を愛せるのは「余裕」が生まれるから

人を愛するということは、心を揺り動かされる相手というよりも、いつでも心穏やかに落ち着いていられる相手であると思います。相手が動揺していても温かい気持ちで冷静に対応できるのが、「愛する人」ではないでしょうか。わかりやすい何かが得られなくとも、関わりに対して積極性を持たなくとも、できる範囲のことをしてあげたくなる存在だと思います。無償の気持ちで優しく手を差し伸べてあげられる人だからこそ、愛することで、「余裕」が生まれるのです。

たとえば、好きだから刺激を受けるのか、刺激を受けるから好きなのか、どっちの感情が先に湧き上がるかという点には触れないでおこうと思います。なぜなら、どちらからでも感情が生まれるものだと思いますし、頭で考えて湧き上がるものだとは思えないからです。相手から受け取ったものが自分の感覚として馴染む人が、好きな人であり、惚れた人であり、愛する人であると思います。

全てを兼ね揃えた人が良いということでもないので、恋愛は楽しいのではないでしょうか。人との出会いは恋愛に限らずとも、自分を成長させてくれるものですから、プラスの気持ちが湧き上がる人を増やしていきたいですよね。



straddle_love_564097
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)