社内恋愛と聞くと、ドラマチックで、プライベートも仕事も全てがワクワク・ドキドキ!と感じませんか?ですが、きっとそれは社内恋愛経験がない人の意見であり社内恋愛経験者だと、「同じ職場の人と付き合うのは、もういいかな…」という人の方が多いそうです。社内恋愛と普通の男女の恋愛と大きく違う所は、仕事でもプライベートでもそばに居るという関係性を継続できるには向き不向きがある!ということです。

向いている人は、きっと公私ともにいいパートナーとなれると思いますが、向いていない人は余計なストレスを感じたり、気にしなくていい不安を感じたりしてしまうのでしょう。今回は、社内恋愛はドキドキの宝庫!だけど、先々を考えずにスタートしてしまうと、公私ともにボロボロになっちゃうかも…というお話をしたいと思います。


【社内恋愛のメリットとは?】

恋愛においてメリット・デメリットで判断するのは良くない事ですが、社内恋愛になるとそういう部分も考えて恋愛をスタートしないと、後々になって「やっぱり止めた!」で済まない場合があるので注意が必要です。では、社内恋愛においてのメリットは?

♦毎日のように会える
♦お互いのオンとオフを近くで見ることが出来る
♦仕事もプライベートも充実しやすい
♦仕事の悩みや相談を深くまで話すことが出来る、共有出来る


【社内恋愛のデメリットとは?】

♦仕事の付き合い(飲み会など)の話が筒抜けになる
♦仕事の失敗も全て知られる
♦公認カップルの場合、お互いに仕事で向上出来ないと周りから煙たがられる
♦別れ話やケンカなどの時、気まずくて仕方がない…

社内恋愛のメリットデメリットを比べてみて分かることは、女性の恋愛観だと社内恋愛は持って来い!の環境だいうことです。ヤキモチや嫉妬が多いのは女性の方ですし、仕事でもプライベートでも筒抜けで彼を見ることが出来る環境は、きっと不安材料は軽減されることでしょう。ですが、それは男性の方が誠実である場合のみです。しかも、いくら誠実な彼であっても女性社員と話すだけでヤキモチや嫉妬をしてしまう彼女なら、社内恋愛に限らず恋愛は難しいと思います。そして男性からすると、仕事上の断れない付き合いや、はっちゃけてしまう時でも、会社に彼女がいると「昨日○○さん飲み屋さんではじけてたらしいよ」なんて言われてしまったらたまりませんよね。

社内恋愛は基本的に隠す男女が多いので、その分相手の噂や行動などは自然に耳に入ってきてしまうのです。しかも、社内恋愛で一番厄介だと言われているのが、別れ話やケンカの最中です。やはり女性は周りの人に相談をする人が多いので、自然に彼女側につく人は多いでしょう。ですが、反対に男性は仕事でも限らずに、恋愛話を相談するという事は基本的に少ないです。ですので、別れ話やケンカの最中となると肩身が狭くなるのは男性が多いのです。

このように、社内恋愛は女性にとって嬉しい環境が整っている分、男性社会も理解してくれる女性でない限り、難しいケースだと思います。先ほども書きましたが、ヤキモチ妬きの彼女なら、その負担は全て彼の肩に乗っかってしまうので、お付き合いを始めても早々に別れがくる…というパターンになりかねないと思います。しかも、社内恋愛をしたのち別れてしまうと、「これからはお互い仕事仲間で!」なんて都合よくはいかないので、恋愛に踏み切る前に、よ~く考えた方がいい恋愛だと思います。

好きになってしまった後では、社内恋愛でも、社外恋愛でも同じですが、目に届くところにいつも居るというのは、見なくてもいいことも見えてしまうこともあり、自立心を持った二人でないと、しなくていいケンカも増えてしまう事になるでしょう。ですが、付き合いたての誰にも知られていなくて、二人だけの秘密がどきどき感を高めてくれる感覚というのは、病みつきになってしまうのも無理はありません。


驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

coffee-break-1177540_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)