好きな人とデートをした時に、夜を共にすることを特に考えていなくても、雰囲気的になんだかそうなってしまったなんてことありますよね。もちろん好きな人だから別にいいかと考えると思いますが、乗り気じゃなくてもやるのってなんだか違いませんか?好きだからやるのは分かりますが、それ以上に相手の真意を確かめるためにも一回断ってみるのも大事かもしれませんよ。しかも、その一度の断りに色々な意味あるんです。なので、今回はその意味も一緒に断った方がいい理由を紹介したいと思います。


◆相手がどれだけ好きか、大切にしてくれているかが分かる

ある意味、セックスというのは男子にとって本能的なものに近く、相手を惹きつけるためには大事なこととも言えます。しかも、これは上手く言葉として使えば相手の本音が見えたりします。例えば、本当に好きな人なら気分じゃなかったりして断ったとしても文句なんて言いません。ですが、逆にやりたいだけで近づいた人は、何度もお願いしてきたり露骨に嫌な顔をしたりと態度にも出てきます。好きな人だからこそやるのではなく、好きな人だからこそ断ってみて本心を確かめてみるのもいいのではないでしょうか。相手が、実はセックスしたいだけだったと後から気づいた時に悲しい思いも軽減されると思いますよ。


◆あまりそういうことに慣れていないイメージを付けられる

男子としては経験人数が多い人や、慣れている人に対してあまり好感を持つ人は少ないです。もちろん、付き合いが長ければ別ですが、浅い付き合いでそういうことを知ってしまっては恋愛対象から省かれるかセフレとして考える人もいます。なので、なるべく出会ってから間を空けてからセックスするようにした方が、いいイメージがつきますよ。経験人数を男子は気にする人が多いようなので、初めは慣れていないもしくは経験が少ないイメージを作っておいた方がいいとかもしれませんね。


◆もし遊ばれたとしても気持ちの整理がつく

出会ってすぐにセックスして、付き合ってそのまま…なんてことになればもちろんいいんですが、そう簡単にはいかないのが人生ですよね。そうではなく、基本的にはセフレに流れるかその日だけのワンナイトというパターンが多いのが現実ですよね。実際にそういう経験をすると気持ち的にしんどいですよね。そうならないためにも一度断っておいて相手の気持ちを探った方がこっちとしては楽になることが多いと思いますよ。不安になるくらいなら、まずは断ってしまいましょう。


こちらが遊びとして考えていたのなら、断る必要は全くないと思うんですが自分から気持ちが入ってしまい、追いかけている状態の時は好きだからではなく、一旦冷静になって断ってみるのも駆け引きとしては正解なのかもしれませんよ。




argument-238529_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)